文色

パネンカ
8
0

歌詞

作詞:嶋田航大

作曲:飯島龍太朗

何にもないようなところで 躓いては周りに笑われた ダサい自分が嫌いで 背伸びしてみたり 何でもないようなことで 心臓を突かれた気がしたんだ 目に映る 耳に入る全てが 僕に向かってる気がしたんだ 曖昧な感情を持った十五の僕らは 自分で自分の首を絞めてしまう まだ感情を表しきれない僕らは 複雑な気持ちがとてももどかしくて まだ 未だ 僕は過去にしがみついて生きている 踏み出す一歩が 重くて まるで鉛みたいで だから 今は悔いを生むためにあるんじゃないかって そんな風に思うんだ 嗚呼 何でもない今を望むそんな僕らは 真っ暗な世界を生きるのが大嫌いで 何でもないって 目を閉じて 耳を塞いで しゃがみ込んで すすり泣く 曖昧に溶けこんだ風景の底に 理由はひとつも見つけられはしないのに まだ溢れる義理もどこにもないはずなのに やっぱり何にも分かんないや 曖昧な感情の正体はきっと 満たせない自分のこころの奥に まだ足りないって欲張りでわがままな 淀んだこころのせいなんだ まだ 未だ 僕は過去にしがみついて生きている 笑顔の真似をするのはまだ早かったのかな だけど 悔いを飲み込めないわがままな僕とは もうさよならをしよう 拝啓 いつかの僕へ

アーティスト情報

厚木高校軽音楽部1年生バンド gtvo.いいじま gt.いしわた ba.しまだ dr.まえはら

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or