夜を重ねる

月追う彼方
2
0

歌詞

作詞:しほ

作曲:しほ

朝焼けに染まる 君と僕とこの6畳間 置いて行かれそうで怖かったんだ 白い肌にそっと触れてみて 細い髪にそっと触れてみて 感傷に溺れたいよ なんて 夜明け前の君に触れる 長い夜が明ける 君は朝焼けに消えていく 滞った言葉は 愛しさに水を注ぐ 太陽のような君に 口づけを あぁ蝶のような君の事だ きっと縛りつけることもできない 夜の幻よ 醒めないで 長い夜が明ける 君は朝焼けに消えていく 滞った言葉は 愛しさに水を注ぐ 太陽のような君に ずるくて弱い君に 口づけを

アーティスト情報

北九州発スリーピースロックバンド 眠れない夜のお供にどうぞ。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or