『未確認フェスティバル』 卒業生インタビュー 第2弾

share
tweet
facebook share

衝動、センス、可能性…。
全国から“未確認な才能”が集結する、10代アーティスト限定、唯一無二の音楽祭『未確認フェスティバル』
閃光ライオットの意志を受け継ぎ、2015年に産声をあげた『未確認フェスティバル』は毎年数々の“未確認な才能”を発掘し、真夏の空に響かせてきました。
その『未確認フェスティバル』出身アーティストをむかえ、当時の振り返りや今後についてインタビューを敢行。リレー形式で掲載していきます!

第2弾は、未確認フェスティバル2017審査員特別賞受賞アーティストSUNNY CAR WASH



―最近どんな音楽活動をしていますか?

全国各地をまわってライブをしています。今年3月までで50本くらいやりました。

―最近の1日(24時間)を円グラフで表すと?

―音楽をはじめたきっかけはなんですか?

小学生の時に、おばあちゃんが誕生日にアコースティックギターを買ってくれたからです。
高校生になるまでそのギターは、弾いてなかったんですが、久しぶりに弾いたら良い感じで、「天才かも?」って錯覚して、曲を作り始めました。笑

―未確認フェスティバルエントリ―のきっかけはなんですか?

知り合いの人に「今年で10代終わっちゃうからエントリーしてみたら?」っていわれたからです。

-エントリ―楽曲<それだけ>はいつ作って、どうやって録音したんですか?

エントリーの一年前くらいに、ライブハウスで録ってもらいました。

-楽曲はどうやって作っているんですか?

詞を書いて、なんとなく歌ってメロディーを考えます。曲が出来たらメンバーで細かいところを作っていきます。

-当時気になったアーティストとその理由を教えて下さい。

リツキ。才能が溢れてた。

-未確認フェスティバルに参加して心境や環境の変化などはありましたか?

同世代の音楽仲間ができました。

-あの時の自分たちにアドバイスをするならなんと言いますか?

完璧だね!

-将来の夢はなんですか?

ミュージシャンとしてどんどん良くなっていきたい。

-今後のアーティストとしての目標は何ですか?

紅白歌合戦に出る!


バックナンバーは【コチラ】

links

profile

SUNNY CAR WASH
1997年栃木県生まれの、男子3人からなるスリーピースバンド。 2015年1月に活動を開始した前身バンドから、2016年10月にメンバー脱退を機に現体制となり「SUNNY CAR WASH」に改名、同時に1st Demoを発売する。 同年12月11日に宇都宮の若手6バンドで共同企画「OUR YOUTH」を開催。 2017年5月 メンバー脱退により畝狹が加入。 宇都宮・東京を中心に活動中。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or