『未確認フェスティバル』 卒業生インタビュー 第6弾

share
tweet
facebook share

衝動、センス、可能性…。
全国から“未確認な才能”が集結する、10代アーティスト限定、唯一無二の音楽祭『未確認フェスティバル』
閃光ライオットの意志を受け継ぎ、2015年に産声をあげた『未確認フェスティバル』は毎年数々の“未確認な才能”を発掘し、真夏の空に響かせてきました。
その『未確認フェスティバル』出身アーティストをむかえ、当時の振り返りや今後についてインタビューを敢行。リレー形式で掲載していきます!

第6弾は、未確認フェスティバル2017グランプリアーティストリツキ



―最近どんな音楽活動をしていますか?

月に一回程度、ライブハウスなどで演奏しています。

―最近の1日はどんな感じで過ごしてますか?

学校に行って、家に帰ったら短い時間ですがギターを弾いたり、勉強をしたりしています。

―音楽をはじめたきっかけはなんですか?

音楽が好きで、バンドが組めるようエレキギターを始めました。

―未確認フェスティバルエントリ―のきっかけはなんですか?

個人的に作った曲が正しいのか知りたかったから。曲がたくさんできたからです。

-エントリ―楽曲<偏見>はいつ作って、どうやって録音したんですか?

応募締切までの2、3ヶ月前に作ったものを提出しました。

-楽曲はどうやって作っているんですか?

ギターと歌を同時に作ります。自分の好みや判断で直しながらより良くしていきます。

-当時気になったアーティストとその理由を教えて下さい。

4%ファイターズは僕の一個下のアタルくんが作詞作曲していて、とてもかっこよくて尊敬しています。
SUNNY CAR WASHは未確認の前から知っていて、まさか10代だとは思っていなくて、ネット審査を通っていたのが分かった時びっくりしたし、ファイナルに行くだろうなと思いました。

-未確認フェスティバルに参加して心境や環境の変化などはありましたか?

音楽活動を始めるきっかけとなりました。

-あの時の自分にアドバイスをするならなんと言いますか?

声を潰さないように気を使って欲しい。

-将来の夢はなんですか?

本質にたどり着くこと。

-今後のアーティストとしての目標は何ですか?

たくさんの人と話したいです。


バックナンバーは【コチラ】


links

profile

リツキ
埼玉県出身のシンガー・ソングライター。秋山リツキ。小学5年頃からギターを弾き始め、高校1年の時に作曲をし始める。
2017年8月、17歳の時に人気ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』とEggsプロジェクトとの共催による10代アーティスト限定音楽フェス〈未確認フェスティバル2017〉に出場。ライブステージとしては初ライブながら、グランプリを獲得。2017年12月にミニ・アルバム『DAWN TO YOUTH』でデビュー。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or