unBORDE Next Girls Xmas 2016 レポート

share
tweet
facebook share

Warner Music Japan内のレーベル「unBORDE」が、12月23日(金)Zepp Tokyoで、毎年恒例となったクリスマスライブを開催した。5年目となる今回は「unBORDE Next Girls Xmas 2016」と題し、次世代を担うアーティスト達が登場。2,000人のオーディエンスが無料招待され、約4時間に渡るスペシャルなライブを楽しんだ。


Text:山田邦子
Photo:井出康郎

オープニングアクトを務めたのは、未知なるアーティストと出会える無料音楽プレイヤー「Eggs」がリコメンドする高校生のシンガーソングライター、みきなつみ。1曲目でギターの弦が切れてしまうハプニングがあったが、思いがけず彼女の人柄を伝える貴重なMCタイムに。喜びも怒りもとまどいも全部音楽にぶつけながら、大きな声でまっすぐ歌う姿がとても眩しかった。


この日はunBORDEアンバサダーとして、チームしゃちほこの咲良菜緒がMCを担当。レーベルヘッドの鈴木竜馬氏を呼び込んでの開会宣言に続き、今年unBORDEの仲間入りをしたあいみょんがトップバッターとして登場した。力強い弾き語りの「憧れてきたんだ」や敬愛する岡本太郎になったつもりで書いたという「今日の芸術」、衝撃的なインパクトをもったデビュー曲「生きていたんだよな」と続き、来年公開される映画「恋愛奇譚集」の主題歌「漂白」も初披露された。人間の強さも弱さもちゃんと見つめている彼女の声、そして歌。この日初めてあいみょんという存在を知った人たちの元にも、真っ直ぐ届いたはずだ。



「今日は、道場破りに来ました!」というゲスト・アーティストのカノエラナは、今年Warner Music Japanからデビューした佐賀県出身の21歳。曲のタイトルにもなっているほどの「ヒトミシリ」を公言しつつも、ライブになるとあっという間にオーディエンスを巻き込んでしまうパワフルかつチャーミングなステージングが魅力だ。この日も自己紹介ソング「カノエラナです。」やビッグバンド風のアレンジが鮮やかな「恋する地縛霊」などを迫力のバンドサウンドで披露。来年2/15リリースの2nd mini album「カノエ上等。」からはリード曲「トーキョー」、「おーい兄ちゃん」を披露。伸びやかな歌声を響かせながら、ハッピーなパフォーマンスで会場を沸かしていた。


3番手は、モデル・アーティストとして世界のステージで活躍しているやのあんなと、初音ミク旋風を牽引したひとりでもあるkzによるlivetune+。kzがオーディエンスに向かって右手をあげるだけで歓声が高まり、やのあんながキュートな笑顔を見せるたびにフロアの温度が上がっていった。極上のダンスビートと表現力豊かなボーカルで、ライブハウスをたちまちパーティー会場へとチェンジさせた2人。多幸感に包まれたラストの「Darling Darling」では、キラキラした瞳でステージを見つめるみんなの笑顔も印象的だった。


トリを務めたのはアカシック。ボーカル理姫が攻撃的なMCでフロアを煽りながら、「8ミリフィルム」、「CGギャル」と全力かつドラマチックなパフォーマンスでぶっ飛ばしていく。厳かな雰囲気の中始まるピアノと激しいバンドサウンドの対比が美しい「幸せじゃないから死ねない」は、凄みすら感じる理姫の歌から耳も目も離せなくなってしまった。ドラマ「ラブホの上野さん」の主題歌であり、アカシック初のシングルとしてリリースされる新曲「愛×Happy×クレイジー」もライブ初披露。さらなる高みを目指して気合いを入れたメンバーの本気度合いが伝わってくる、最強のライブだった。


ラストはこの日の出演者4組全員がステージに登場し、unBORDEのレーベル設立5周年を記念して作られた「Feel」を披露。にぎやかに記念撮影を行い、ひと足早いクリスマスの夜を今年も最高の笑顔で締めくくった

gallery

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録