Moccobondの大変変態 vol.2 ルーツは大事

share
tweet
facebook share

Text:サトウケイスケ(Ba. Vo.)

布団から出るのも億劫になってきました。Moccobond サトウです。

友人と冗談を交えて話をしているとよく「発想が気持ち悪い」、メンバーからは「本当に無理しゃべらないで」などなど、いわれもないことが多くいつも心外だと思うのだが、よくよく考えてみたらその時は、基本的に女性キャラだったり、女優さんだったり、近所のコンビニ店員の吉岡さんだったりの話をしていることが多い気がする。

昨年流行った『君の名は。』とか『逃げるは恥だが役に立つ』とか、近所のコンビニ店員の“吉岡さん”は、なんであんなに流行ったのかなぁと考えていたら一つ、思いついたことがある。

ヒロインの女の子が可愛い。

三葉もみくりも信じられないぐらい可愛いのだ。もう僕としてはこれ以上の理由が見つからない。三葉は健気で人間味がある。 みくりはもうガッキーの可愛さが出まくり。少女として、女性としての透明感がメーターを振り切っている。頑張れって画面の前で本気で拳を握ったのは僕だけではないと信じている。吉岡さんは、接客時のぎこちない笑顔が最高なのである。もっとシフト入ってくれ。

僕に3人と結婚する権利があるのならば、多重婚を認めてほしいレベル。そして現実にあんな子がいたら僕の脳みそは溶けてしまう。物理的に。必ずだ。吉岡さんにお会計してもらう時は実際に脳みそが少し溶け出している。


はぁぁ。


可愛いんじゃぁぁ。


可愛いいいいいンンンンジャジャジャジャジャジャジャああ。


失礼!取り乱しましたが、僕は満たされました。あんなもん、思春期真っ只中の子が見ると今後に影響出まくりでだろう。実際に僕は高校生の時にマンガを1番読み漁っていた。暇があればゲオで立ち読みをし、学校では隣の席からミニ四駆のマンガが回ってきたり、『世紀末リーダー伝たけし!』を授業中に肩を震わしながら読んだりしていた。その時に出会った『いちご100%』とか『I”s』とかのおかげで今の僕が出来上がっていると言っても過言ではない。(初恋の人は東城綾似)変態育成期、妄想が特技・趣味だった。対して今と変わらん。

そんな話は置いといて、可愛い。カウァイイ。こまった。

村上春樹も宮崎駿も描く女の子の透明感が作品を象徴しているといつも思うのだ。もちろん現実にそんな人はおらんのはよくわかっている。おったら脳がスープになっている。

思春期補正みたいなのは必ず存在するわけで、いざ目の前に女の子が現れた時に愕然とするのではないか。それくらいピュアで素晴らしい女性像が描かれている。

僕が抱いていた幻想はもうメンバーで死ぬほど壊されている。慣れた。女兄弟がいる家庭ではよく聞くよね。ニシケケ(Gt. Vo.)に至っては先の尖ったもので僕を突き刺そうとしてくる。小学生かあいつは。松川(Drs. Cho. )は僕が破裂音が苦手なのを知っていて、目の前で風船を割ろうとしてくる。怖すぎ。

思い出って確実にあるからいつそれが現れるかわかんない。作品のヒットには影響を受けたり感銘を受ける人が増えるじゃないですか。分母が多いから。日々目新しい情報が溢れていく中でいろんなものが上塗りされていって、自分が頭の中で残しておこうって思っていたことでも次のトレンドっていう消しゴムが頭に書いた字をバンバン消していくような情報社会の中で、消えずに残ったものが自分のルーツとして刻まれると思うんですよね。ふとした瞬間にそれが現れてしまうもんなんだと僕は思うわけです。そこから昔好きだったものを改めて紐解いてみたりすると意外としょぼいってなって、なんでなんやーとか、やっぱ好きやわーとか。ふと現れたルーツっていつまでもいろんなことを思い出させてくれるし新しい発見をくれる気がしています。ずっとそれに縛られているわけじゃないけど、僕にとってルーツというのは大事なものなのです。もっとたくさん増えたらいいな。


ガッキーや三葉はルーツになり得るぐらいパンチがある可愛さでしたね。
ガッキーや三葉はルーツになり得るぐらいパンチがある可愛さでしたね。


なにが言いたいかというとホント可愛すぎ、無理。

恋ダンスを体育座りで見ていいですか。口噛み酒ください。吉岡さんもうちょっと上の方でポニーテールにしてもらえませんか。そのあと外してくれませんか。霧吹きで虹を作るんでその下通ってもらえませんか。

うだうだ言いながら“可愛いは正義”が僕の中で証明されてしまった。健気に純粋に物事を捉えて目の前のことを頑張るってええやない。可愛いってええやない。大事にしたいねその気持ち。僕のこの気持ちはいつか情報化社会に埋もれて思い出せなくなってしまうのか。ええんやで残ったルーツは大事にしたらええんやで。ちゃんと区別して置いといたらええんやで。混ぜすぎ注意。こんなんなるで。そんなお話でした。こんなんでいいのかサトウ。ええんやでだってガッキー可愛いもん。

男子諸君、あんな子はいないぞ。逆に女子はみんなああなれや!

コンビニ行ってきます。吉岡さんいますように!

links

profile

Moccobond
2011年春結成。 今までeo Music tryやCOMIN’KOBE、見放題やMINAMI WHEELに出場した彼らはタワーレコードの推しメンになるなど各方面で評価されてきた。 突如2016年6月にkeyが抜け、全く新しいステップを踏むことになった残りのメンバー三人の音楽は、エレクトロの要素を大胆に取り入れ、猪突猛進中。 “今この瞬間が爆発だー!”と言わんばかりの彼らの音楽への探究心、そして愛に大注目だ。

event info

2017.02.16
百長5th single
『月相/背中』
リリースツアー
『満月の心得』大阪編

PLACE
大阪十三 十三ファンダンゴ
OPEN/START
18:30 / 19:00
ADV./DOOR
前売り ¥2,300(D別)
当日 ¥2,800(D別)
LINE UP
百長/神頼みレコード/Moccobond/イヌガヨ

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録