【植松哲平】歌詞を乱暴に仕分けするコラム Sentimental boys編

share
tweet
facebook share

今回の仕分け対象は「Sentimental boys」。
長野県出身の4人組ロックバンドです。既にアルバム1枚を含む数枚の音源を発表してるんですが、今回は現時点での最新作である『グッドバイ e.p.』をピックアップしたいと思います。

超余談ですが、EPってなんの略?と、これまでの人生で3人くらいに尋ねたことがありますが、どいつもこいつもモゴモゴ言いながらすぐ検索に頼ってばかりでした。正解はエロティック・パンツの略。即ち、勝負パンツ。シングルに比べて色気があって、生地も良いです。覚えておいてください。なんでもかんでもすぐ検索するんじゃねえよ。

さて、『グッドバイ e.p.』は表題曲を含む全3曲。別れそのものを歌った『グッドバイ』という曲に始まり、別れの余韻の切なさが滲む『二人の顛末』、別れから暫く経ってそれでもまだ残る想いを感じさせる『春の海で』。全体を通じて別れをテーマに、想いの変化を時系列で並べたように聴こえる作品です。いや、もしかしたら全然違うかも。作り手の意図の枠を飛び越えて、受け手が都合よく解釈して共感したり、感動したりってことはよくあります。「この歌詞、実は○○について歌ってるらしい」みたいなやつ。そういうのこそ、歌詞を楽しむ醍醐味だと思うんですが、「グッドバイ e.p.」の歌詞はどこか独り言のように芯を外してて、そういう解釈の幅みたいなのを生んでる気がしますね。
あ。ここまで書いて気付いたけど、やっぱり作者の個人的な別れの時系列を綴ったのかな。

戦う場所を離れて まだ見ぬ海に向かうとするよ
出来れば君の涙は見たくなかった 取り返しはもうつかない

『グッドバイ』より

泥だらけの海で君を探してる
青く澄んだ空ほど疑ってしまう

『春の海で』より

まだ見ぬ海に向かった主人公は、いま泥だらけの海で君を探してる。しかもバンドは長野県出身(海がない)。なるほど。明確な意図をキャッチできた気がする。

仕分けとしましては「ノンフィクション・フロム・長野」のコーナーかな。上京した地方出身者として想いを重ねるもよし、一人の人間模様を垣間見るもよし。

2月5日に吉祥寺WARPでバンド初のワンマンライブがあるそうですよ。


バックナンバーは【コチラ】から


links

profile

植松哲平
音痴なのに音楽を、動けないのにサッカーを、スピード怖いのにロードバイクを愛するアフロヘア。MC、ラジオDJ、リポーター、ナレーター、脇役、チョイ役などのお喋り業務のほか、イベント制作やWEB制作なども手掛け、マルチタレントっぽい雰囲気を漂わせながら器用貧乏に生きる痩せ型男性。 2008年より番組DJを務めるFMヨコハマ「YOKOHAMA MUSIC AWARD」では多数のインディーズアーティストを紹介、若手を中心にこれまで500組以上のミュージシャンにインタビューを行なっている。そのほか、FMヨコハマ「Tresen+」、NHK Eテレ「ごちそんぐDJ」、Crimson FM「Rakuten Superrr Radio Festival Edition」に出演中。

profile

Sentimental boys
2012年より本格的な活動を開始。2作の会場限定ミニアルバムを経て、2015年9月に満を持して1st Full Album『Parade』を全国リリース。12月に下北沢SHELTERにて行われたツアーファイナルは見事ソールドアウト。勢いそのままに、2016年は会場限定EP「グッドバイ e.p.」リリースし、地元長野で行われたOTOSATA ROCK FESTIVALやりんご音楽祭への出演を果たす。

event info

2017.02.05
Sentimental boys pre.
『One-man Live』

PLACE
東京・吉祥寺WARP
OPEN/START
17:00 / 18:00
ADV./DOOR
前売/ ¥2,000
当日/ ¥2,500
LINE UP
Sentimental boys
VJ:de-sheevo(VIDEOGRAM)

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録