【対談】ドラマチックアラスカ × 夜の本気ダンス × フレデリック

share
tweet
facebook share

大阪の”見放題”、名古屋の”でらロックフェスティバル”、福岡の”TENJIN ONTAQ”がタッグを組んだ日本最大級のライヴ・サーキット・イベント”Eggs presents TOKYO CALLING 2016″が、9月17~19日に下北沢、新宿、渋谷の3ヶ所で行われる。その開催を祝し、3バンドによるライヴ・イベント”ALA-UMI-DOSS”でもお馴染みのドラマチックアラスカ、フレデリック、夜の本気ダンスの個性豊かなフロントマン3名に、サーキット・イベントの楽しみ方、関西音楽シーンの魅力、そして10月23日に大阪城野外音楽堂にて開催される”ALA-UMI-DOSS”への期待について語ってもらった。


ドラマチックアラスカ:ヒジカタ ナオト(Vo/Gt)
フレデリック:三原 健司(Vo/Gt)
夜の本気ダンス:米田 貴紀(Vo/Gt)



インタビュアー:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
Photo:新倉 映見

-都内最大規模となる”TOKYO CALLING”は、どんなサーキット・イベントになりそうですか?

ヒジカタ:僕ら3バンドは全員関西のバンドなんですけど、関西では4月に”COMIN’KOBE”、7月に”見放題”、10月に”MINAMI WHEEL”という年間を通して大切なサーキット・イベントがあります。バンド活動をするうえで大事なサイクルになってくるんですね。そんな中、東京にもたくさんイベントはあると思いますが、年間通して目標となる大きなサーキット・イベントとして生まれたのが”TOKYO CALLING”なんだと思っています。

三原:サーキット・イベントは、大阪”見放題”に出演してから考え方が変わりました。主催者の思いの強さが伝わってきたんですね。2015年は僕らはトリをやらせてもらえて、そんなターニング・ポイントに上京する形となりました。バンドとして目標となるステップを作ってくれたのが”見放題”だったんです。それを踏まえて、東京でも巨大なサーキット・イベントが開催されるということで、主催者の思いを感じられる”TOKYO CALLING”には絶対出たいなと思ってました。こういうのって、人の繋がりが大事なんですよね。

米田:僕らは”TOKYO CALLING”を作っているスタッフの方に僕らはこれまでお世話になってきたので、それに対する感謝の気持ちもでかいですね。

-3バンドとも、関西のロック・シーンを引っ張っているバンドだと思いますが、最近関西から活きのいいニューカマーが続々と登場しています。なぜ今関西のシーンが面白いんですかね?

ヒジカタ:アマチュアでも新人でも、フックアップされるチェック・ポイントが関西にはたくさんあるんですよ。なのでバンドも目標を明確にして頑張れるし、ファンの人もそういったサーキット・イベントを観れば今どんなバンドが面白いかがわかりやすいんですよね。

三原:おもろいことをおもろく表現するのがうまい人がたくさんいるのが関西だと思ってます。バンドだけじゃなくて、いろんなジャンルがそれぞれ盛り上がっていることが理由のひとつなんじゃないかなと。

米田:例えば、東京はどこかしらクールなところがあると思うんです。でも、恥ずかしがらずにレスポンスがしっかり返ってくるのが関西かなと。

ヒジカタ:関西って、だいたい電車で30分くらいあれば移動できるんです。ライヴハウスは大阪が多いですけど、住んでる場所は結構それぞれ違う県なんですよ。そんな距離感の近さも関西シーンの盛り上がりのポイントなのかもしれません。


profile

ドラマチックアラスカ
神戸発のギターロックバンド。2010年同じ高校に通うメンバーで結成。COMIN’KOBE 13 でトリを務めるなど注目を集め、2013年6月にCDデビュー。以降全国ツアーや各地イベントへの出演、リリースなど精力的に活動。2014年は各地サーキットイベント・大型フェスへの出演や16公演の全国ツアー、初の東名阪ワンマンツアーを敢行するなどその勢いは止まらない。

profile

フレデリック
独特なユーモア性、そして幅広い音楽的背景から生みだされる“忘れさせてくれない楽曲群”が話題となり関西最大級の音楽イベント「COMIN’KOBE」に結成当初から抜擢されるなど次第に注目を集める中、「MUSICA」「A-Sketch」「SPACE SHOWER TV」「HIP LAND MUSIC」4社合同オーディション“MASH A&R”の初年度特別賞を受賞。その後もCD販売はライブ会場のみ、流通に乗せるのは7インチアナログレコードに限定するなど独自のスタイルで活動を展開する。

profile

夜の本気ダンス
Ba:マイケル Dr:鈴鹿秋斗 Vo/Gt:米田貴紀 Gt:町田建人 2008年 京都にて結成 踊れる準備は出来てますか?

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録