Kacoのそれゆけ! カバー vol.10

share
tweet
facebook share

Kacoが古今東西の名曲を唄います。
更新は月に2回ぐらいの“のほほんペース感”。
でも、ちょっぴりルールがあって、
“男性シンガー”シバリ!
オトコ声とオンナ声が入れ替わっても
良いものはよいのだ。

■今回のカバー曲 「上を向いて歩こう」 / 作詞:永 六輔 作曲:中村八大



【カバー曲に対するKacoコメント】
無意識に寄ってしまったコンビニで糖類ゼロのアイスを買う。
一人で帰る夜道が好きだ。
便利で楽ちんになれるように、と時代は進化してきた。
でも、私たちの心の作りは今も大昔も変わらなくて、空っぽになったり、ぎゅーぎゅーになったりする。
今日は星が綺麗だなあ。
今日は月が大っきい!
あぁそうか。この空、大昔から今日まで私たちと肩を並べて歩いてきたんだ。
頼まれてもないのに哀しんでは喜ぶ、頼んでもないのに雨が降っては晴れ渡る。
多分、私たちはよく似ている。
上を向いて歩けるのは、君がいるからだよ。
今夜も一緒に生きている。

昨年秋にスタートした「Kacoのそれゆけ!カバー!」
10回に渡って大好きな曲をカバーさせていただきました。
私が歌を歌いたいと思い始めたころから聴いてきた音楽に今浸かってみると、
その当時とは違う言葉や音が心に突き刺さったり、大人になっても色褪せない時めきを感じたり。
そして、曲のそばにあった幼い頃から今までのありふれた平凡な景色や、
鮮明に覚えている節目の出来事をエッセイを書きながら辿っていると、
なんだかタイムトリップしているような気分で、それもまた楽しかったです。

人生に寄り添ってくれる言葉とメロディーは私にとってのヒーローです。
自分もこれから結っていかねば、そういう人間になったんだもの。とも思いました。
いつどんな場所へも心のそばにすっ飛んでいけるヒーローみたいな歌を歌える人になりたい。
心の燃料を蓄えた体験飛行、これにて完結です。
楽しみに聴いてくれていた皆さま、約半年間、ありがとうございました!
またどこかで。

links

profile

Kaco
2018年1月に発売されたNEWSのシングル「LPS」では『Madoromi』の楽曲提供を行い、アニメ「魔法使いの嫁」第14話では挿入歌『Rose』を作詞、作曲、歌唱にて参加するなど、今、注目の新進気鋭のシンガーソングライター。 2016年にリリースした自主盤「影日和(かげびより)」ではChara、藤原さくら等のライブサポートをしているKan Sano氏がピアニストとして参加。 2017年10月、全国流通盤「身じたく」をリリース。こちらは、Superflyやアンジェラアキを手がけた 松岡モトキ氏をサウンドプロデューサーとして迎え、ピアノ弾き語りはもとより、バンド編成を主体にした骨太の内容に仕上がった。 2018年10月22日、アレンジ、ギターリストとして小倉博和氏を迎えワンコインCD『ヒペリカムの実』をリリースし、2019年1月16日3rdMiniAlbum『たてがみ』リリース。3月23日は大阪、30日は東京のワンマンライブも無事終了し、伝説のロック喫茶「渋谷B.Y.G」にてレギュラーライブがスタートする

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or