Eggs Curators あっぺ コラム vol.4

share
tweet
facebook share

こんにちは。Eggs curatorsのあっぺです。
陽が落ちるのが早くなって、季節がすっかり冬らしくなってきましたね。
わたしは寒いのは苦手ですが、音楽を聴きながらランニングしたり散歩したりするのが好きなので、この季節の広く晴れた空はとても大好きです。このコラムが掲載される頃はコートや厚手の服を着始めているのでしょうか。今年1年も早いスピードで駆け抜けて、なんだかあっという間の1年でした。 今年は年号が変わって、時代の中でもまた1つ大きな節目となったかと思うのですが、今日はそんな「平成」への想いを音楽で表現した素敵なバンドさんを紹介したいと思います。


yacht

よみ方はヨット!ポップ・ギターロックを鳴らす4ピースバンドです。まっすぐな言葉で綴られた歌詞と、女性ボーカルの優しくも熱量を感じさせる歌声が魅力。1度聴いただけで自然と口ずさんでしまうキャッチーなメロディラインが注目ポイントです!!
まず紹介する1曲目は「平成」。



ブラウン管テレビに少し粗い映像が映し出される感じがなんだか懐かしいですよね。「平成」というタイトルのビデオが再生されるMVの始まり方とかもお洒落。優しい歌声と、サビのキャッチャーなメロディにあっという間に虜になってしまいました…!!

〝優しさも哀れみも完璧じゃないから美しい
  輝ける日も人の命も終わるから 綺麗なんだよ〟

始まりがあれば終わりが訪れることもあるけれど、それは決して怖いことでも悲しいことでもなくて、美しいものなんだと教えてくれたこの歌詞にはグッときました。

続いて紹介するのは「白夜」。

1曲目とは雰囲気が変わって、スピード感のある力強いドラムとギター、ベースのメロディラインがとってもかっこいい楽曲です。



〝so long 一生後悔しない 好きなことやるの 
  惨めでダサくても わたしならできるわ

  もう全部ブロックした! 自由になるの
  何もないからこそ 何でもできるわ
  治らない心で 走れ感情のまま〟


yachtの歌詞は飾らないまっすぐな言葉が直で伝わってくるから、凄くかっこいいんです。ひとつひとつの言葉とyachtの鳴らす音の力強さは、目の前に立ち向かう壁をどんどん突き破ってくれるような気がする。聴き終わった後は、なんだかスカッとして晴れやかな気持ちにさせてくれる1曲です。


元気を貰えるyachtの楽曲たち、いかがでしたでしょうか。この2曲に加えて他にもエモーショナルな楽曲がたくさんあるのでぜひライブで聴いてみてください!歌詞も掲載されているので、歌詞と合わせてじっくり聴きたい派の人もぜひチェック!



profile

あっぺ

profile

yacht
東京の4人組バンド⛵️ 2019/3/28にミニアルバム「平成」をリリース! Twitter Vo/Gt.ゆうか@teani_0502 Gt.てっぺい@teppei_hsrw Ba.ヒロキ@shiba_ksk047 Dr.しょーこ@____sho412

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or