Eggs Curators しゅっしゅ コラム vol.7

share
tweet
facebook share

こんにちは。 Eggs Curatorsのしゅっしゅ です。

今回は2019年に見たライブで、圧倒的に良かった、印象に残ったバンド2組を紹介していきたいと思います。

YUMEGIWA GIRL FRIEND

都内を拠点に活動中のYUMEGIWA GIRL FRIEND。 RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 19/20 では優勝を果たしています。インディーズバンド好きなら「ギターロックが好きだ」という台詞に、聞き覚えがあるかもしれない。また、2017年に公開されたMV「ギターロック」をきっかけに知った方も多いのではないだろうか。



言葉数は少ないかもしれないが、熱くて深い、彼らの伝えたい「想い」がそこにある。過去に思いを馳せつつも、未来をまっすぐと見つめ、自らの感情を熱を帯びた言葉へと変換する。そんな彼らの姿をライブで見ていると自然とこちらも胸が熱くなってしまう。他の誰でもないYUMEGIWA GIRL FRIENDだからこそ聴きたくなる、説得力のある楽曲を、もっともっと聴きたいと思った。





Narco-lepsy

都内を拠点に活動中のNarco-lepsy。 2019年5月29日 2nd EP「α」リリースし、Apple Musicの今週のNew Artistに選出。同年11月にはMaison book girl、長谷川白紙とのスリーマンライブに出演している。ジャンルとしてはシューゲイザーという部類で認識される音楽性だとは思うが、そんな垣根には縛られず、ジャンルを超えて評価されるべきバンドだと思う。前々から音源は何度か耳にしていたが、初めてライブを見たとき、目の前で鳴っていた音楽は「生きている風」のようだった。 聴く・見るというよりも、包まれている、吸い込まれていく不思議な世界観に、より一層Narco-lepsyというバンドを深く知りたくなった。 今後にますます期待したい、注目のアーティストである。







profile

しゅっしゅ
現を抜かす というイベントをしています。

profile

YUMEGIWA GIRL FRIEND
Gt/Vo 鷹觜力哉 Ba 西間慧 2015年6月結成、岩手県出身。

profile

Narco-lepsy
Narco-lepsy(ナルコレプシー) 2017年7月4日結成。同年11月よりライブ活動開始。 唯一無二の魅力を持つVo.マスヤの歌と、生き物の唸り声のようなGt.カイのギターが、Ba.サカモトの製作する楽曲の世界観を体現する。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or