ましのみ、にゃんぞぬデシ。「渋谷のラジオ」開局1周年記念特番にゲスト出演

share
tweet
facebook share

東京・渋谷区が放送エリアのコミュニティFM「渋谷のラジオ」が、4月1日に開局1周年を迎えた。同ラジオ局は、その記念番組として「1周年です、ハチ公前広場から渋谷のラジオ87.6 MHz」をオンエア。ハチ公前の特設スタジオから、渋谷のラジオを代表する各番組の短縮版を生放送し、渋谷のラジオのファンや、渋谷を訪れた人たちを楽しませていた。

プログラムの中には、レコチョクが提供している番組「渋谷軽音部 incubeat」(毎週金曜日21時~)もあり、パーソナリティを務めている、タワーレコード渋谷店店長の長谷川真人氏、Shibuya eggman店長の鞘師至氏も会場へ駆けつけた。2人と共に、渋谷のラジオを立ち上げたクリエティブディレクターの箭内道彦氏、渋谷のレーベルの庄司明弘氏もステージへ登場。

ましのみにゃんぞぬデシは、番組内のゲストアーティストとして出演。2人は、この日のために「渋谷」と「ラジオ」をテーマに楽曲を作成してきた。ましのみは得意のポップソング、にゃんぞぬデシは明るさの中に少し哀愁を漂わせた楽曲だったのだが、制作期間はわずか2週間ほどだったという。2人共“渋谷とラジオ”への思いを見事歌にして、軽音部の時間を盛り上げた。

ましのみ

大物を前に緊張している素振りもなく、堂々としているましのみ。


登場時に自己紹介する“ましらっぷ”も、渋谷のラジオバージョンで。


書下ろし曲『Hey Radio』を生演奏。さわやかな歌声で場を温めていた。



にゃんぞぬデシ

箭内氏らから、名前の由来を聞かれ、“にゃんぞう”という名前の猫をかつて飼っており、その“弟子”という意味だと答えていた。


この日のために作成した『渋谷@』を披露。


以前、渋谷パルコの閉店時、道端で箭内氏を見かけ、声をかけたというにゃんぞぬデシ。「いつか箭内さんにMVを撮ってほしい!」という目標を本人の前で語った。なお、にゃんぞぬデシの『ハッピーエンド建設中』のMVは、渋谷のラジオ番組『渋谷の次の〇〇』(月曜日 15時~)でパーソナリティを務めている、伝説の放送作家 倉本美津留氏が手掛けている。



【渋谷軽音部】

毎週金曜日21:00~21:30

タワレコ渋谷店長とeggman店長がレギュラーMCを担当する番組「incubeat」。2人が新旧問わずおすすめの曲をプレゼン!さらに、渋谷の女子大生が、最新の音楽情報などを、該当インタビューしながらお届けする番組。Eggsアーティストの曲も流れるので、リスナーには必聴の番組となっている。

また、月に一度eggmanでは、連動イベントも開催されているので、そちらも是非注目してほしい!

☆渋谷のラジオは、渋谷区内以外でも日本全国どこでも専用アプリで聴取可能。是非DLを!【Android】【ios】



gallery

links

profile

ましのみ
1997年生まれ。慶應義塾大学在学中。
2015年から活動開始。まさに「言葉で遊んでいる」ような歌詞感やありそうで無いメロディーセンスを用いた楽曲が特徴的。 個性的では表すことができない彼女の声は聞く者の耳にしっかり言葉を残す。その才能は曲・歌だけでは止まらず、「ましらっぷ」なるラップ(?)が話題を呼んでいる。ライブではその自由奔放さで聴衆の耳を振り回す。

profile

にゃんぞぬデシ
主食甘栗。
バラエティ番組SSWになります★(•ᴗ•ノノ。
皮付きの甘栗は最強です。猫。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録