Eggs Curators 呀兎 コラム vol.7

share
tweet
facebook share

お久しぶりです皆様!
今回は再始動したばっかり!激アツほやほやバンドをご紹介します!

syaraku

東京発絶叫インディーロックバンド。 Vo&Gt.佐藤 Ba.坂田 Dr.島津 2020年よりスリーピース体制で再始動した注目のバンド。

なんと今回はしっかりインタビューも行ってきました!!応じていただけたのは佐藤さん(Vo.&Gt.)。1人でも多くの人に読んでもらえますように。
それではLet's go!


──バンド名の由来を教えてください!

佐藤:バンド名の由来は全然大した事無いんですけど、最初にバンドを立ち上げたのが居酒屋で飲んでる時で、その時ちょうど飲んでいた凄い美味い日本酒が寫樂って銘柄で、そこから取った感じですね!笑

──なんと!日本酒の銘柄だったとは!!粋!では、ついこの前公開された新曲、「鉄」は四人体制最後の歌ということですが、思いやこだわりを教えてください。

佐藤:そもそもが我々かなり後ろ向きな曲を作りがちなんですが、その中でも屈指の鬱憤を込めて作ってる曲ですね笑 歌詞もそうですが、歌い方も諦め、内面の衝動を抑え切れない様な感覚で歌っています。
ラスト直前のメチャクチャになるところで前任のギターが凄まじい量のトラックを録音していたのは印象に残ってます笑 結局トラックから削っちゃいましたが...笑

──ラスト直前のめちゃくちゃになる所、私すごく好きです!そんなにトラック数行ってるとは、執念すら感じますね...! 2月9日に再始動後初めてのライブがあったんですよね、どうでしたか??

佐藤:今回はスリーピースへ体制変更し新Drの島津を加えた形での、いわばバンドとしての再始動ライブということで不安も大きかったですが、いざやってみれば、このメンバーでこそ今まで以上に自分たちの曲の世界観を伝えられると確信しました!
より深く、抉るような曲をこのメンバーで作っていきたいと思います!

──丁寧にお答え頂きありがとうございました!熱い思いを聞けてよかったです!


そんな、これから期待でいっぱいのsyarakuさん。
呀兎的推し歌は「大人になりました」



抗えない時間の経過、戻れないあの頃。
1番の「羨ましいね 別に興味はないけれど」という歌詞が大好きです。 言葉では伝えきれないんです、音楽の良さなんてものは。 是非1度あなたの耳で、感覚で。このバンドを触ってみてください。


以上!今月もありがとうございました。



profile

呀兎
月夜、溺れた兎 盗んだ愛と欲望に囚われたまま 君を飲み込んだ 伝えたいことは 私の言葉で。

profile

syaraku
東京の絶叫インディーロック。 Vo&Gt. 佐藤 Ba. 坂田 Dr. 島津

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or