Eggs presents「LIVE BOOSTER」vol.2

share
tweet
facebook share

4月4日(火)、渋谷LUSHにて開催されたEggs主催イベント「LIVE BOOSTER vol.2」。Eggs内の注目アーティスト4組がステージに登場し会場を沸かせた、当日の模様をレポート!


Text:飯島春子
Photo:ミヤザキイツキ

平林純

トップバッターを務めたのは、東京都出身のシンガーソングライター平林純。綺麗な色気のある雰囲気の彼女は、柔らかい声の中に力強さが溢れている。刺さるようなギターの音色に「売れたい」「愛だの恋だのバカばっか」と、彼女の感情がありのままに表現された歌詞は、脳裏に焼き付くほどとても印象的だ。「若い子が多いから年齢は言いません」と言った”大人”な彼女でしか描けない世界観を感じた時間だった。

ミスモペ

ハートのサングラスにスターウォーズのテーマソング。登場からパンチのある彼女たちは、二組目ミスモペだ。曲全体を先導するizumi(Vo./Kye.)のピアノとriyo(Vo./Dr.)の力強く軽快なドラム、そしてキラキラとした同期音によって作り出される音楽は、聞いている私たちを、自然とわくわくさせる。また二人が織りなす歌のハーモニーも、聞いていてとても心地が良い。小柄で可愛らしい彼女たちを、そのまま表現したような楽曲とライブパフォーマンスは、見ている者を笑顔にさせる、幸せにする力を持っていた。



レイラ

駆け抜けるようなギターリフ、迫りくるようなバンドサウンド。ミスモペから一転、会場をダークな雰囲気に変えたのは、三組目レイラである。小柄で可愛らしい見た目の有明(Vo./Gt.)は、その見た目からは想像できないような、ハスキーで癖のある声を持つ。さらにそれを疾走感のある楽器隊の演奏が引き立たせ、観客を一気に引き込んでいく。平均年齢が18歳だという彼女達は、そんな若さも感じさせないほど、完成させられた楽曲と演奏力を見せつけた。



ロケットボーイズ

トリを飾ったのは、男女混合4人組バンド、ロケットボーイズだ。「俺らそんなおしゃれ系じゃないので、立ってみてください!」と言うと、どこか懐かしいカントリーな音楽を響き渡らせた。すると一変「今日は葬式ですか?違いますよ!」という言葉と共に、メンバー全員がハンドマイクになり、ステージ前へと一列に並ぶ。そして大きな同期音と共に4人が歌い始めた。アンコールを含め、短い演奏時間の中で、まるで別のアーティストを見ているかのような彼らのステージに、終始驚いてばかりであった。しかし、音楽を楽しんでいる姿が、見ている観客を取り込んでいたのは間違いないだろう。まだまだ若い彼らの今後に、目が離せない。


Wataru

そして、当日転換アクトとして会場を盛り上げたWataru。初めてのパフォーマンスながら、個性的な歌声で会場を魅了していた。

次回の開催もお楽しみに!

過去のLIVE BOOSTERのレポートは【コチラ】から


gallery

profile

平林純
シンガーソングライターです。TBS「sing!sing!sing! 3rd Season」出演。1st mini album『PLAYGIRL』発売中♡

profile

ミスモペ
ミスモペ - ピアノボーカルとドラムの2ピースバンド
Vocal & Keyboard / izumi
Drums & Vocal / riyo
毎週木曜日20:00〜21:00ツイキャスやってるよ

profile

レイラ
平均年齢18歳マイナー系ギターロックバンド レイラ です。
Vo.有明(@loser_iga )Gt.三浦 太樹(@kakinotane03)Ba.牧野 渓大(@‪mkn_kit ‬)Dr.諏訪 清太郎(@elfoon_)

profile

ロケットボーイズ
陽気なチンピラ集団

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録