1/31(金)「tossed coin」ライブレポート

share
tweet
facebook share

Text:中村圭汰
Photo:ゆうばひかり


毎回様々なアーティストを迎え開催されるtossed coin。

ジャンルという枠組みで音楽が語られることの多い昨今、ジャンルの異なるアーティストを一つのイベントで見ることには意味がある。

曲に込められたメッセージや意志、想いはジャンルという枠組みだけでは語りきれない。フラットな視点で、より自然体で音楽に触れることができれば、音楽の楽しみ方は何倍にも広がっていくはずだ。

今回もジャンルの異なる3組のアーティストがそれぞれの大切なものを手に、ここ渋谷HOMEで極上のグッドミュージックを奏でてくれた。

高橋飛夢

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e9%a3%9b%e5%a4%a2_3

卓越したギターテクニックと哀愁漂う歌声。高橋飛夢のステージが始まる。滑らかでありつつもアナログ盤のザラつきのあるギターの音色に、軽快に言葉を乗せていく“ふざけて生きたい”。ブルースやジャズの香るフレーズを畳み掛けると、たった一人でアンサンブルを生み出していった。

続くは、”ロックンロールのお兄さん”。「ロック」ではなくあえて「ロックンロール」という言葉を選ぶあたりも秀逸。ステレオタイプでマイノリティ、どうしようもなくて、だけれどちょっぴり憧れてしまうロックンロールに取り憑かれた男を歌う。淡々と歌い上げられるからこそ、言葉の重みと深さをはっきりと感じ取ることができた。

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e9%a3%9b%e5%a4%a2_2

クリーンな音色に少し物悲しいストーリーを紡ぐのは、”さんぽのおじさん”。何とも変わったタイトルではあるが、悲観するだけでも楽観するわけでもなく、名前の付かない感情と共に生きていく人生を歌う。跳ねるようなメロディーが切なく胸を打った。

指が弦を弾く、その音さえも心地よく鼓膜に触れるラストナンバー”東京駅”。様々なドラマを描くことのできる東京駅をテーマに、音の強弱、声の発し方、表情その全てを使って「希望」を歌う。只々、前を向く希望ではなく、葛藤の先にある希望を信じようとする心の機微をカッティングの抑揚と吐息交じりの歌声で表現してみせた。

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e9%a3%9b%e5%a4%a2_1


FUNLETTERS

funletters_1

続くは、山梨県在住のエレクトロポップユニットFUNLETTERS。一定の間隔で落とされる低音に浮遊感のあるエフェクトボイスの音像が観客を包み込む。

踊れるダンスビートの中にどこか気怠さを感じる”東京”は、拳を高く突き上げて跳ねるよりも、目を閉じて音の波に身を委ね身体を揺らすほうがしっくりくる。ビートだけで押し切らず、音の組み合わせや音の余白を上手く使いながら観客の感情を荒ぶらせていった。

青灯り、深海のように照らされたステージで鼓動の音にも似た丸みあるビート。Vocal.CHAMiのクリアな歌声が深海の中に射し込む一筋の光のように輝きを放つ”そこに愛があるなら”。愛を歌う曲は数あれど、言葉としての愛を超えた感覚的な美しさをメロディーラインが紡いでゆく。

funletters_2

曲間なく矢継ぎ早に展開されていくライブ。点と点を線で繋ぐように、彼らは彼らにしか生み出せない空気を会場に充満させていった。最後に披露された” untouchable”はエレクトロポップとしての底力を示すかのような一曲。ポップスの持つ「大衆性」をキャッチーなメロディーが支え、エレクトロの持つ「煌びやかさ」を多彩な音色で彩った。

funletters_3

Youmentbay

youmentbay_1

今回のトリを務めるのはYoumentbay。穏やかなサウンドメイクとサビの繰り返しが耳に残る“息をとめて”から彼らのステージは始まった。発せられる音に一切の角がなく、Vo.サクライのミックスボイスに似た歌声が曲全体を優しく包み込むと、続く”GOOD”へ。王道的なメロディーの中に潜むのは、バンドそのものが持つ「ぬくもり」。どれだけギターをかき鳴らしても、ドラムが力強くビートを刻んでも彼らの音楽には陽だまりのようなあたたかさがあった。

youmentbay_2

一転、軽快なギターにラテン調のリズムを基調とした”Feast”では、カラフルな照明がよく映える。開放感溢れるサウンドに柔らかなVo.サクライと山谷の肩の力が抜けたラップの掛け合いが印象的なこの曲。いい意味でのゆるさは観客と肩を組むような距離感を生み出していった。

「夏を思い出す曲」と紹介して始まったのは”Cider”は、前曲の南国的な開放感としての夏ではなく、ここ日本で鳴る「夏』」を歌う。疾走感のあるビートが突き進むなかに、甘酸っぱい青春の匂いが漂ってくる。季節に誘発されて呼び起こされる記憶が走馬灯のように駆け巡った。

youmentbay_3

ラストソング”Night Radio”の終盤、ビートを加速させたアグレッシブな演奏の中を披露。ただ、その中にもきちんと彼らの持つ「ぬくもり」は詰め込まれていた。

日常のBGMとして、置き薬として彼らの音楽が鳴っていたら少し心が軽くなるような気がする。

links

profile

高橋飛夢
1984年、東京都大田区にてプロのギターリストの父と、芸者の母との間に生まれる。 若干小学5年生にてバンドを結成後、18歳より父のバンドでベーシストとして活動する。 2011年、最愛の父を亡くしたのを契機に、本格的に弾き語りを始動。シンガーソングライターとして数多くのライブに出演。 テクノユニット「C-CHICKENBOYS」のギターリストも担当し、多方面への楽曲提供及び制作、様々なバンドをサポートする。 また、2006年、企画から出演もこなす「笑死業(waraizini life works)」を発足。 近年は、EVISBEATS作品への参加、渡辺俊美&THE ZOOT16のサポート等、 活動は多岐にわたる。 2019年には「Montreux Jazz Festival Japan 2019」に出演.。 本来インドアでコーヒーを飲みながら、家でぼーっとするのが幸せ。 カレーも好き。 そして『音楽のある環境』に強いこだわりを貫く頑固者。

profile

Youmentbay
Youmentbay(ユーメントベイ)。 2017年結成。東京を中心に活動中。Pads/VoサクライエナとGt/Vo山谷尚暉の男女2人組ツインボーカルバンド。 ラップ調を織り込みつつキャッチーで耳に残るメロディ、掛け合って心地よい2人の声、等身大で紡がれ聴く人に寄り添う詞。 ポップなテイストを中心としつつ、山谷とサクライが互いに作詞・作曲し、メインボーカルも流動的に作られる楽曲は、ジャンルに縛られない。 ライブは、自身初の全国盤ミニアルバム発表後より、サポート3名を含む5人体制で行う。

profile

FUNLETTERS
Netflixとジャンクフードに捧ぐ、怠惰と愛のベッドルームポップ CHAMi(Vocal) New K(Comporser)

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or