T/ssueコラム「ユルリト」Vol.5

share
tweet
facebook share

Text:曽根 一朗(Vo&Gt)


今日の午後の三限終わりに、行きつけのお店での店員さんとの会話の中、「ニヒリズム」という言葉を聞いて、少しピンと来た。

虚無主義。

自分の中には何となくそんな要素のテーマがずっとあるような気がして、何考えてるか分からないって言われることがよくある。顔の作り方が分からない時がある。他人に怒ることがめったになかったり。冷静。

無表情なのも隠しているのではなくて、実はさらけ出してるんじゃないかとも思ったりして。

正しい解釈かはわからないけれども、音楽をやる上でもなんでも、ライブの上手いバンド、曲がいいバンド、顔がいいバンド、人気なバンド、踊れるバンド、泣けるバンド、笑えるバンド、探したらいくらでもいる。

僕たちが何なのか、僕は何なのか。

そんな中でバンドを続けてて意味はあるのか、人生に意味はあるのか。

たぶんない

っていう考え方。

でも部屋で曲を書いてるとき、曲ができた喜びは嘘じゃないし、いいものを人に届けたくなる衝動も嘘じゃないから

だからその衝動や欲情に従って続けてる。

音楽も人も好きだから生きてる。

ずっともやもやしたような

ニヒリズムとロック

バックナンバーは【コチラ】

■2年ぶりの2度目のワンマンライブ開催決定!
詳細は【コチラ】をチェック。



links

profile

T/ssue
2016年10月全国流通音源“Ⅰ”をリリース。ツアーファイナルを名古屋CLUB QUATTOROにてShout it Outと2マン開催、大成功を納める。Eggs主宰「エグサポ」の第一弾アーティストとしてバンド史上最高のMVを制作するべく、クラウドファンディングを展開し、見事達成。日常の些細な出来事を情景的に表現し、繊細な歌声に乗せて放つ楽曲たちは、あなたの心を掴んで離さないだろう。

event info

2017.05.14
ACT1 presents 邪道キングダムロード

PLACE
伏見JAMMIN
OPEN/START
13:00 / 13:30
ADV./DOOR
前売:¥2,000 / 当日:¥2,500 / DRINK:¥500
LINE UP
ACT1 / Celchrome / Some old Riot / 谷川POPゴリラ / The Best Average / postman / PELICAN MEETS BLUE / The 3 minutes / T/ssue /RED DOG

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録