A Barking Dog Never Bites「Wan Link」Vol.38

share
tweet
facebook share

Wan Link Vol.38 今回の担当はたろーです。

まだまだコロナ流行前に比べゴミみたいな日常を送ってます。


皆さん。ゲームやってますか?kzkがゲーム配信してるのをたまに見てます。わしもやったろかな。 オトナインクで検索。

口悪くなる可能性大だけど配信いいな楽しそう。

最近はApexとCODWZとFallGuysに人生を消費しています
でPS5の発表から悩んでるんだけど、PS5どうするの?みんな買うの?PS4pro売って買った方がいいの?そんな悩みを持っているのだ。助けてくれ。


わしのC40やっぱり使えなくなるのかな。



最近、高校生の時の事をよーーーーく思い出すんだけど、ライブハウスでバンド見た時のわくわくとかドキドキがまじで少なくなった。冷めてんのかね。



高校生の時は女性ボーカルのバンドやってたんだけど、俺以外先輩でスタジオの度にひーひー言ってたな。でもかなり楽しかった青春時代。


たぶんその名残で今も女性ボーカルバンドが好きなんだけど、EvanesenceとかParamoreとか。あと対バンで仲良くなったCODE OF ZEROとか嘘とカメレオン、多分俺のiTunesの再生ランキング嘘カメちゃんとCOZの二つのバンドで占めてる位、普段から聞いてる。




\そんな感じでばとーん/




最近のお気に入り5曲と自粛中出来るようになったことね。
じゃあまず自粛中に出来るようになった事から。



自粛中は規則正しい生活ができるようになりました。何日も起きて寝るみたいな生活じゃなくて毎日寝てます。凄いなぁ。自粛様様やでぇ。



どの曲も最近って言うかずっと聞いてるって感じになっちゃうけどまず1曲目はさっきもあげた嘘とカメレオンの「鳴る鱗」。


どの曲もまじで好きなんだけど再生回数は一番多かったってのと頭に一番こびりついてる。散歩しながらとかだと「うみねこの鳴く街で」が好きかな。「盤下の詩人」はライブハウスで見た瞬間ヤバすぎてよだれ垂れたってか溢れ出た。もうめちゃめちゃ聞いてる。カセットだったら擦り切れて聞けなくなるレベルで。


2曲名はCOZの「Just the Time」です。


本人達にも伝えてるけど一番好きな曲。たけしの元気が出るテレビより元気が出る曲。アコースティックverも滅茶滅茶に好き。同じ位「Get your Sun」も好きなんだけど、ライブで聞く度にわくわくする。Over The Limitを聞くとeggman思い出す。また見たいなぁ。


3曲目はMagentaBeachの「third」です。


高校生の時、学校帰り制服のままライブハウス行って先輩のバンドの対バンで見てからもう何年も聴き続けてる曲。イントロ聞くだけでバカテンション上がる。当時のバンド仲間みんなでバカハマった。今聞いても一切色褪せなくてですね大変です。いまだに当時の仲間と会って話すと絶対話に出てくるバンド。


4曲目はLabrinthの「jealous」


歌詞と雰囲気と全部が凄くて永遠聴いてられる曲ってこれかなって曲。なんかすげぇのよね。500000000年かかっても自発的に創作できないと思う曲。意味も人それぞれの捉え方できるし、なんかもう凄いよ。聴いてみ。



5曲目はTHE STALIN「ロマンチスト」


今聞いてる。何年何百何千何万聞いてもずっとPUNK!!!!!!!な曲。pistolsも最高に好きだしあれだけど、日本人の原点これってなる。最高。吐き気がするほどロマンチックなんだよ。




そんな感じで次のお題

「超詳細に自己紹介生い立ち己の全て」

をどーぞ。




今回は各バンドの写真貼れないから各自各々調べてくる事!!じゃ、また。






A Barking Dog Never Bites最新情報(Twitter)は【コチラ】から


Wan Link バックナンバーは【コチラ】から


profile

今回のコラム
Talow(Ba.)

profile

A Barking Dog Never Bites
“ジャンルの壁を越える本当の意味を知らしめる!” ジャンルやシーンにおける垣根や概念に囚われる事の無いスタンスを貫き、爆発力と洗練さを併せ持ったライブパフォーマンスを展開、その圧倒的な演奏力とスクリーモとメロディを両軸にしたツインボーカルがオーディエンスに強烈なインパクトを与えている5人組ラウドロックバンド。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or