ハグてっぺいの「女性シンガーソングライター万歳!」Vol.1

share
tweet
facebook share

Text:ハグてっぺい


今回から、ここでコラムを書かせていただく、ハグてっぺいと申します。「ハゲ」じゃなくて「ハグ」だからね。フリーハグの「ハグ」ね。何はともあれ、まずは自己紹介をさせて下さい。

群馬出身・41歳(本厄)・牡牛座・O型。身長168cm・体重89kg(ハグだけに)。過去の部活は、野球とラグビー。結果、声変わりしたらダミ声でした。

元々は、お笑いコンビ『チョイチャック』のツッコミとして活動してましたが、2014年に解散。現在は「ハグてっぺい」に改名し、ラジオパーソナリティー・イベントMC・ライブハウスでのブッキング・『HUG ROCK FESTIVAL』の主催・『鉄コンピ』のプロデュース、などをやっております。

名前の由来は話すと長くなるんで、また後日。とにかく「ハゲ」じゃなくて「ハグ」だからね。

そもそも、このタイトルはなんぞや言いますと、私、女性シンガーソングライターが大好きなんです。

『女性シンガーソングライター』

つまり、作詞・作曲をして、歌う女性。なんなら楽器も演奏しちゃう女性。さらにその中でも、これから世に出てゆかんとする、若手の子達を応援したくてしょうがないんです。

『若手女性シンガーソングライターに日本一詳しい男』
『若手女性シンガーソングライターに人生を捧げた男』

なんて自分で言っちゃってますが、決して大げさじゃないと思われます。

え?女性シンガーソングライター好きになったきっかけですか?え?聞いてない?じゃあ、今回は、その辺を話しますね♪

ことの始まりは、およそ10数年前。女性シンガーソングライターはおろか、音楽に全く興味のなかった自分が、長谷川都さん(現 入倉都さん)にハマってしまって、ライブハウスに通うようになりました。そもそも都さんと出会った経緯は、話すと長くなるんで、また後日。

「チケット代の他にドリンク代がかかるんだ」「30分×4組とか40分×3組とか色々なパターンがあるんだ」「共演者のことは対バンって言うのね」「お客さんは女子中心と思ったらおじさんが多いじゃん」「あ、俺もおじさんだ」と、ライブハウス事情も少しずつ勉強しながら、渋谷にあるアコースティク箱『7thFLOOR』(セブンスフロア)に行ったときのこと。ちなみにその日の対バンは、長谷川都 / 日本松ひとみ(現 東京カランコロンせんせい) / ヒメノアキラ。うん、良い対バン。そこで壁に貼ってあった【BARタイムキッチンスタッフ募集】の文字を見つけ、これだ!と思い、知り合いアーティストのツテを使って面接を受け、2006年より7thFLOORで働くことになりました。

その後も、新たなアーティストのライブを観ては、「お、この子も良いな」「あれ?この子も良いぞ」と、あれよあれよとチェックするアーティストの数が増え、気がついたら、ほぼ毎日ライブハウスに通い、多いときで3~4ヶ所ハシゴするという、立派な『インディーズ弾き語り女性シンガーソングライターおたく』になっておりました。

とにかく、ハマり症なんですね。二十歳くらいの頃は同じ勢いで女子プロレス(全女)にハマってました。豊田真奈美がアジャ・コングに勝ったときは、嬉しくて泣いたなあ。あ、すいません。話がそれました。

そーこーしてるうちに、自分でもブッキングを始めます。いろんなライブハウスに通って出会った好きなアーティストに声をかけ、ライブ出演のお誘いをするようになりました。箱買いしたチロルチョコと一緒に、熱い想いを込めた手紙を渡したりもしました。今は、差し入れは、基本ハッピーターンに決めています。なんなら、ハッピーターンおじさんとも呼ばれています。すいません、話がそれました。

決してスマートではなかったと思いますが、とにかく熱量だけは凄かったですね。日々のライブ通いは続けながら、月に数本イベントを組むようになり、デビュー前の、阿部真央やmiwaにも出てもらいました。NIKIIE、星羅、辻詩音、岩崎愛、Dew、ヒグチアイ、関取花、神田梨緒香、竹澤汀、杉恵ゆりか、Saku、青葉市子、小南泰葉、見田村千晴、吉澤嘉代子、などにも出てもらいました。

そうそうたるメンツ。自分を褒めてあげたい。

7thFLOORには、トータル4年半お世話になりました。いまでも都内トップクラスのアコースティック箱だと思っております。

その後、2010年から、同じく渋谷に新しくできたライブハウス『gee-ge.』(ジージ)の立ち上げに参加し、深夜のBARタイムスタッフとして週6日働きながら、月の半分以上ブッキングを組んでました。仕事中、よく立ちながら寝てたのは内緒です。

ジージでは、組む本数が増えたこともあって、必然的に女性シンガーソングライターのブッキングも多くなりました。

山崎あおい、Rihwa、chay、藤原さくら、片平里菜、井上苑子、tricot、シナリオアート、植田真梨恵、ハルカトミユキ、ななみ、チャラン・ポ・ランタン、さユり、Anly、丸本莉子、瀧川ありさ、コアラモード.、NakamuraEmi、瀬川あやか、カノエラナ、コレサワ、などなど、現在バリバリメジャーシーンで活躍してるアーティストにも多数出演してもらいました。

そうそうたるメンツ。誰か褒めて。

てなわけで、ジージはいつの間にか“女性シンガーソングライターの登竜門”的ライブハウスになり、現在でも時期メジャーシーンを担うであろうたくさんの若手女子が出演してます。気になった人は、観に来てね。もしくは連絡してね。

ブッキング以外にも、オススメの女性シンガーソングライターを集めたコンピレーションアルバム『鉄コンピ』をプロデュースさせてもらったり、毎回女性シンガーソングライターがゲストに来るラジオ番組でパーソナリティーをやらせてもらったり、2015年からは、渋谷宇田川町界隈の複数のライブハウスを使って、女性アーティストオンリーのサーキットフェスも主催するようになりました。

ここまで書いて、なんとなく、どんな人間かわかっていただけましたでしょうか?

しまった。言われた文字数を大幅にオーバーしてる気がする。すいません。次回以降は、女性シンガーソングライターに関することを色んな方面から掘り下げて書きますね。どうぞ、よろしくお願い致します。

ハグてっぺい

【今日の女性シンガーシンガーソングライターあるある】
女性シンガーソングライターは、出番前にファミチキ的なものを食べる。

links

profile

ハグてっぺい
浅井企画所属の元お笑い芸人であり、ラジオ…

profile

カノエラナ
1995年12月4日佐賀県唐津市に誕生。イナズマロックフェス2015にEggs推薦アーティストとして風神ステージに出演し、初見オーディエンスの心を鷲掴みにする。2015年12月4日、自身20歳の誕生日に2度目の自主企画ライブ「今日もわやわやVol.2~ハタチなってん 酒よりアニメ~」を開催。会場の渋谷Milkywayは会場の扉が締まらない程の超満員。独特な着眼点から生まれる歌詞と、ポップでロックなメロディーが融合した楽曲達が同世代のユーザーからの指示を集めている。

profile

コレサワ
シンガーソングライター。大阪府出身。2015年春、初の全国流通盤「君のバンド」を発売。独特の視点の歌詞と中毒性のある歌声、POPなメロディーが話題に。メディアには顔出しせず「れ子ちゃん」というキャラクターが全ビジュアルを担当する。同年12月、2nd E.P.「女子、ジョーキョー。」を発売し、5大都市ツアーを実施。「サカスプ」には昨年に続き2度目の出場。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録