ハグてっぺいの「女性シンガーソングライター万歳!」Vol.5

share
tweet
facebook share

Text:ハグてっぺい

9/10(日)は、ハグがメインでブッキングしてる、shibuya gee-ge.(渋谷ジージ)のオープン7周年でした!たくさんのアーティスト様・お客様にお祝いしていただいて、感謝感激でございます!

7周年ってことは、ブッキングして丸7年。述べ人数、何人になるんだろ?
1日平均6組として、ブッキングライブが月15本として90組、1年で1080組、7年で7560組、なんだかんだで、1万組くらいかしら?
結果、逆にピンと来ない数字になってしまったことをここにお詫び致します。

そんな感じで、日々ブッキングをしていて、当日、リハとライブを観ていると、やっぱり色々思うこともあるわけですよ。アドバイスってゆうか、もっとこうしたほうがいいよーとか、これはやっちゃダメよーとかさ。女性シンガーソングライターに話す感覚で書きますが、女性シンガーソングライター以外にも当てはまる話も多いかと思います。Eggs使ってる子達の中には「今度初めてライブハウスに出るんです!」みたいな子たくさんもいると思うんで、こんなテーマも良いと思いません?

ということで、返事を待たずにいってみましょう!

題して!!!!

【ハグの小言】

ヽ(・∀・)ノヒエア


その1『持ち時間は守りましょう。』

これ、基本中の基本。弾き語り界隈におけるブッキングライブの多くは、持ち時間30分。スリーマンとかで40〜45分。ジージでは25分がデフォルトですが、とにかくこれは、絶対!大きなフェスや、それこそメディアが絡んだりしたらなおさら。1人が押したことによって、全体のタイムテーブルに影響が出たり、会場によっては延長料金うんぬんの話になってきたり。ちょっと売れてても、がっつり大人に怒られちゃったりします。百歩譲って、自分のお客さんしかいないワンマンライブなら多少押しても許されますが、他のアーティストを観に来たお客さんもいる中では、長くやることが逆にマイナスになることも多いんです。よく言われますが、もうちょっと観たいなって思わせる「腹八分」ぐらいがちょうど良いってゆう感覚を身につけましょうね!もちろん、巻き過ぎてもダメよ。ジージでは過去に1曲(5分とか)歌ってステージ降りちゃった伝説の子もいますがww その話は、またの機会に!


その2『ライブはたくさんしましょう。』

アーティストさんにとって、やっぱりライブが一番の基本であり、大事なものだと思うんです。キャリアの浅い「これからの子」にとっては特にそう!とにかくたくさんライブをして、経験を積んで、パフォーマンスのクオリティーを上げる必要があるわけです。新曲もどんどん試した方がいいし、同じ曲でも歌い方を変えてみたりしてもいいし、MCとかコール&レスポンスもステージ上で実際やらないと上手くならない。いろんな場所(ライブハウス)、色んな対バン、色んなお客さんの前でライブをすることによって、経験値が上がっていって、さらに良いライブができるようにるって寸法です。アイドルと対バン?良いじゃない!バンドと対バン?良いじゃない!お客さん3人だった?良いじゃない!そーゆーライブ1回1回が血となり肉となるわけです!なんとなく月に4〜5本バランス良く組んでる子が多いですが、それ、正解でもなんでもないです。月15本やったって20本やったっていいし、3日連チャンだっていいんです!そういう経験が絶対自信につながるから!ゆとりのあるスケジューリングは、音楽が趣味になってからにしましょうね。


その3『フットワークは軽く。』

その2とかぶるところもありますが、これも超大事!ブッキングしてるとね、急なキャンセルとかで明日1組足りないとか、ちょいちょいあるんです。そういう時に、急遽出てくれるアーティストを探すわけですが、「いきまーす!」とかすぐ言ってくれる子、本当に神!それ、ブッキングマンの都合じゃんってお思いの方、その通りです!やっぱ人間ですから。そういうアーティストさんには、じゃあ今度良いイベントに誘おうとか、ワンマンとかで使ってもらった時にディスカウントしちゃおうとか、そういう感情が生まれるもんなんです。でもね、そんなブッキングマンの都合よりも大事なのが『出会い』ね!1回のライブに出ることによって出会える(かもしれない)、お客さん・アーティストさん・業界関係者。もっと言えば、イラストレーターさんでもカメラマンさんでもいいんです。その1回の出会いがあなたの音楽人生を大きく変えること、本当にあるんです!だからね、ブッキングを何ヶ月先まで組むのは全然良いんですが、急なお誘いにも対応できるようにしといてほしいのが本音です。学校とかバイトとか体調とかメンタルとかさ、色々大変なのもわかります。でも売れたいんでしょ?音楽で食っていきたいんでしょ?武道館でやりたいんでしょ?紅白出たいんでしょ?だったら、どんな小さいチャンスでも全部拾ってやるぐらいの「ガッツ」見せてほしいっす!


その4『コミュニケーション大事。』

「コミュ障」って言葉が当たり前になって久しいですが、アーティストさんは本当に多い気がします。でもどんなにネットが発達しても他の人の協力無しに成功することは、やっぱり無理なんです。だったら、人との繋がり、大事にしないとね。まずは、挨拶しましょう!『◯◯です!今日はよろしくお願いします!』ってちゃんと言いましょう!箱のスタッフさん、対バンのアーティストさん、仲良くしといて、絶対に損はないから!あとは、音響さん・照明さんね。あなたのステージをより良く観せてくれる人達なんだから、なおさらです。音響さんとかは、職人気質の無愛想な人も多いから、ちょっと怖いかもしれないけど、わかんないことはちゃんと聞きましょう。希望もしっかり伝えましょう。終わったら、お礼も言いましょう。感想を聞いたり、質問するのもあり。とにかく会話が増えれば、それだけ愛着がわくってもんです。そうすれば、色々アドバイスをしてくれたりもするから。もちろん、媚びを売れってことじゃないからね。ただやっぱり、愛される人じゃないと。周りの人を巻き込んで、愛されて、チカラ貸してもらって、そうやって初めて上にいけるんです。


その5『MCも大事。』

MC、つまり曲と曲の間のトークですね。これも凄く大事。歌・曲が大事なのはモチロンですが、MCで、その子の性格とかキャラクターを知ってもらえるわけですから。まず1番大事なのが、自分(バンド)の名前ね。これ、結構聞き取りにくい子、多いんです。ファンの人は知ってるからいいんですけど、ブッキングライブだと、当然初めてあなたを観る人もいるわけですよ。その人達に、まずは、しっかり名前を覚えてもらわないと。あと、拍手をもらう喋り方ね。これ上手くないと、拍手するべき?どっち?ってなっちゃう。強弱つけて、しっかりわかりやすく喋りましょう。その他、喋る内容は、なんでもいいんです。最近あったこと、趣味、好きな食べ物、家族の話、地元の話、どういう思いで今日のライブに望んでるか、今日は何の日、時事ネタ。自分のキャラクターが出てて、お客さんがそこに共感できたり、親しみが湧いたり。ちょっと笑いも取れたら、なお良し。これもやっぱりたくさんライブしないと身につかないスキルだと思います。メジャーに行って大きい会場になったら、なおさら重要になってきます。他のアーティストがどういうMCをしてるか、しっかり見て、勉強したりもしましょうね。

そんな感じで、長々書いてしまいましたが、まだまだたくさんあるー!気になる方は、直接聞きに来てください。全力でウェルカムハグしますよ!


以上、ハグてっぺいでした!
おつハグ!ヽ(・∀・)ノ


【今日の女性シンガーソングライターあるある】
過去の記憶は、ほとんどない。

バックナンバーは【コチラ】

links

profile

ハグてっぺい
浅井企画所属の元お笑い芸人であり、ラジオ…

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

IDまたはメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or