Eggs年間ランキング2018

Eggs年間ランキング2018

2015年に生まれたEggsはおかげさまで4回目の年末を迎えました。
2018年もたくさんの方にご利用いただき、多くの楽曲が登録そして再生されました。
昨年に引き続き、本年もEggsの年間ランキングを発表します。
この一年、どんなアーティストのどんな楽曲がよく聴かれたのか振り返ってみましょう!

※このランキングは期間中のユニーク再生数から算出しています。
(集計期間:2017年12月1日~2018年11月30日)

アーティストランキング

11位~30位をみる

楽曲ランキング

  • 1
    Aries
    琴音がアーティストランキング・楽曲ランキングとも1位を獲得!包容力を感じる歌声の奥にある芯の強さが「琴音」らしい。情景を思い描き、ゆっくりと噛み締めながら聴きたくなるような1曲です。
  • 2
    君へ送る唄
    毎度お馴染み!もはや殿堂入り!との呼び声高い、みきなつみ。そんな彼女の作品のなかで今年最も聴かれたのは「君へ送る唄」。飾らない言葉で歌う彼女の「今」がぎゅっと詰め込まれています。
  • 3
    口癖
    男女4人ギターロックバンドMr.ふぉるての「口癖」は王道サウンドで攻める絶対的キラーチューン。センチメンタルな美しさと、パワフルに畳みかけるスピード感を併せ持った本作を、大きな会場でぶちかましてくれる日が待ち遠しい!
  • 4
    僕にだけ教えてよ
    またまた琴音がランクイン!ファンからの人気も高い「僕にだけ教えてよ」は、難しい言葉をあえて使わず丁寧に紡がれた歌詞が、特徴的なウィスパーボイスに乗って美しく響く。心にスッと落ちてくるような素直さを持った名曲。
  • 5
    在り来りな日々
    1音めから突き抜けるボーカルが印象的な「在り来りな日々」。日常の風景を大切に切り取り、誰しもが感じたことのある迷いや愛を高らかに歌う。anicaを代表する曲としてanicaとともに、これからも成長を続けていく楽曲に違いない。
  • 6
    高空
    過去から現在へと続いていく日々に、切なく想いを馳せる「高空」。幾多の出来事をひとつずつ思い出すように紡がれた歌が特徴的。アグレッシブなサウンドとセンチメンタルな歌詞のコントラストがより彩りを感じさせる1曲。
  • 7
    年上の、お前 Demo Ver.
    札幌発大注目バンド-KARMA-の「年上の、お前」。本作は様々な葛藤と戦いながら”今”を全力で走りぬく彼らの代表曲。自分の未来に期待と不安を抱えながら生きる若者の心情を綴った、リアルでエモーショナルな傑作です。
  • 8
    ユートピア
    Gt.Vo.もちこのセンスが光る自由奔放で中毒性の高い歌メロが特徴的な「ユートピア」は「未確認フェスティバル2018」グランプリ楽曲。確立された世界観と確かな演奏技術も素晴らしい。1度聴いたら忘れられない名ポップソング誕生です。
  • 9
    天上天下(デモ_20180923)
    テレビアニメのEDテーマともなった「天上天下」は、まさにみゆなの代名詞。本作はギター1本で弾き語ったデモ音源です。初期衝動をそのままぶつけたようなエネルギッシュで艶やかな彼女の歌声は圧巻。
  • 10
    少年から青年へ
    アップロードした翌々日にはデイリーチャート1位を獲得!当時、高校2年生だった-KARMA-の「少年から青年へ」がランクイン。子供と大人の狭間で揺れ動く彼らの感情をストレートに表現した、青く美しい至極の1曲です!
11位~30位をみる

shea

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or