春だった

tambi
709
14
3

歌詞

作詞:蜷川黎

作曲:蜷川黎

「変わらないね。」 そう言った3度目の春も 長い坂の途中ハグするところも 暗い帰り道が何よりも愛おしかったの それくらいでも良いのに 通り慣れた月の下でも 沈黙が続いてた いつもの悪い癖だ 流す涙がどんな言葉よりも 胸に残るの もう届かないのに あの改札の向こう側 揺れる髪 置き去りの日々 寝ても覚めても 暖かい朝を その日が来たら 真っ先に会いに行こう 君が春だった 触れただけ 歩道橋から見た街は 僕らにはまだ眩しすぎたような 時間ばかりが余っていた 分かってはいたんだ でも それでも 伝えたいことが多過ぎて    上手く言えなかったな でも 君のことだ 出てこなかった言葉も 押し寄せる涙も 分かっていてよ 分かっているよ 長い夜の向こう側 秘める街 移りゆく日々 寝ても覚めても 暖かい明日を 迎えたかった 迎えたかったな あの改札の向こう側 振り返る隙も与えぬまま 気づかせるは夏の風 君は春だった 長い夜の向こう側にさ 何があるのか知りたかったの この街ではずっと 君が春だった

アーティスト情報

from sasazuka 3ピースロックバンド 僕らの日々を忘れない為に

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or