Shout it Outインタビュー【後編】

share
tweet
facebook share

「未確認フェスティバル2015」でのグランプリから、その“感情をアンプに直結させた”ような音楽でシーンを駆け上がってきた、Shout it Out。限定シングル『17歳』が即完し、Eggsレーベルの第1弾アーティストとしてミニアルバム、EPを立て続けにリリース。そして今夏、『青春のすべて』で満を持してのメジャーデビューを果たした。と、傍目には順風満帆そのものといった彼らだったが、その矢先に突然メンバーの脱退を発表。あまりの出来事にファンの間では「4人のShout it Outじゃなきゃイヤだ」という声も上がったという。いったい彼らに何が起こったというのか? 彼らは言う「意思を持ってやり続ける姿を音楽で示したい」。12/7リリースされたばかりのEP『DAYS』の表題曲の一節にはこうある。


さまよい歩いたあの一歩も ちゃんと未来に向かっているんだよ
立ち上がれなくなる日があったって それでも僕ら終わらなかったよ
目指すべき場所なんて 今から探すんだ 終わらない夢をいつまでも見よう


“10代の代弁者”だった彼らも、ついに平均年齢20歳を迎える。“夢の先”を歩き出した彼らはどこに向うのか。


<後編>では、新作EPへの想い、さらには3月にリリースされる1stフルアルバムへの意気込みまで。一瞬一瞬、見逃せない。これが、今まさに「少年」から脱皮しようとする、未来を切り開く若者のリアルストーリーだ。


Text:横田 大

Photo:Zuhn Choi


【前編】はコチラ

――新作EP『これからと夢』にも二人の未来への想いと、脱退したメンバーやファンの方に対しての愛が溢れていますよね。

山内:コメントやラジオで伝えただけでは終わらせられない、という気持ちがすごくあって。「僕らは大丈夫、二人でもやっていける」って、音楽で示したかった。それにいま二人のなかでは、今回のことが受け入れられず離れていった方にも「またShout it Outが聴きたい」って思ってもらえるバンドになるのが目標なんです。だから、僕らが先頭に立って歩いて「もう一度ついてきてもらいたい」という意志を込めてつくりました。

細川:このたいへんな時期にリリースまで漕ぎつけられたのは、僕らにとってすごく大きなことでした。メンバーが脱けた直後のライブは、当然サポートを探すところから始めて、リハも2日間しか入れない状態だったんですけど、昔からのファンが待っていてくれた。それでいつも以上にしっかり演奏もできた気がして、自信をつけました。並行して行ったレコーディングでは、ベースに僕の兄貴の細川雅弘(the unknown forecast)、ギターには同世代のバンドclimbgrowの近藤和嗣、SIX LOUNGEの山口優盛に参加してもらったんですけど、改めて周りの人にすごく感謝しなきゃいけないと思った。二人になってもついてきてくれるファンもそうだし、駆けつけてくれた3人もそうだし、プロデュースしてくださってる柳沢さんも。みんな離れずに僕たちの意志を尊重して一緒にやってくれた。本当に「二人だけでじゃなく、周りの人たちも含めShout it Outなんだよな」と実感できたんです。

――たいへんな状況だったと思いますが、やっぱり二人がブレずに前を見続けているから、みんな応援してくれるわけで。その最たるものが、このEPですよね。『これからのこと』は、脱退したメンバーのことを歌っていますよね。山内くんの『2人がまた何か、面白そうなことを始める時は、よかったら構ってやってほしい』というコメントも相まってウルッときました。

山内:『これからのこと』は自分を引っ張り上げる意味でも、意識的にポジティブな言葉を歌うことによって、未来の自分にハッパをかけました。脱退した二人に関しては、バンドメンバーとか以前に4年間ずっと一緒にいた友達だったので、自然に出た気持ちを込めました。だって、Shout it Outとしての彼らは終わったかもしれないけど、僕らは友達として終わったわけじゃなく、別々の道を歩んだだけで。たとえば、もしかしたら彼らの家族からすれば、彼らがバンドをやめたことでもう一度大学に行くとか、ちゃんとした方向に進んでくれた、と思っているかもしれない。ある人から見たら終わりでも、ある人から見たら始まりなわけです。そう考えたら別に、ただの別れの歌じゃなくて、それぞれがまた日々を生きていく、という曲になったんです。…この曲と『DAYS』で、脱退のことは100%出し切って完結できたので、もう1曲の『君はまた夢を見る』では僕が日々思っていることを書きました。僕らの世代ってSNS世代とか言われますけど、それに対するアンチテーゼというか。

――『君はまた夢を見る』の<叫んでみたって 誰も振り返らないから 黙るようになった>というフレーズは、10代〜20代のリスナーが聴いたら、きっと触れるくらい実感のこもった言葉になるだろうと思いました。そういう意味で確かに時代性をすごく反映していますよね。少し戻りますが、『DAYS』はとても内面的なのに、すごくキャッチーで疾走感があって、以前の楽曲と比べると、ひと皮もふた皮もむけた感じですね。

山内:もともと『DAYS』はタイアップに選んでいただいたので、実はリリース自体は以前から決まってたんですけど、そこに脱退の話が重なり、当初の曲とはだいぶ変ったんです。歌詞も、本当に最後の最後まで書き換えて。正直、前回のタイアップでは、血を吐くようなかなり苦しい経験もしたんですが、今回はほかの作品のニュアンスを取り入れることが、すごくいい化学反応を起こしてくれました。いつもと違うことをしている感じも楽しんでやれた、というか。

細川:『DAYS』はもともと、彰馬が原作を読んで書き上げたんですけど、原作のサッカー部の泥臭い感じがする世界観と僕らの空気感が似ていたこともあって、うまくハマったと思います。たとえば<終わらない夢>というキーワードは明確に示してくれていたんで、そういう想いをストレートに、Shout it Outらしいかたちにできたかな、と。二人になってから1枚目の1曲目、という大事な曲でしたが、すごく納得できるものができました。そのときの心情を歌いたいだけなら、たぶんここまでキャッチーにはなってなかったと思うし、アニメと合わさったことによって、絶妙なバランスになったんだと思います。

――ボーナストラックの『青年の主張』は、自分くらいの30代からすると、先述のおとぎ話のカバーとかで若い世代に『深夜高速』が広がったんだろうと思い、感慨深かったです。カバーじゃなくオマージュにしたのがいいですよね。

山内:ありがとうございます。けっこう思い切ったので、大丈夫かな? って思ってたんですけど(笑)。フラカンには、中学のときに深夜ラジオからこの曲が流れてきて、「音楽でこんな熱いメッセージを打ち出せるんだ」ってことを教えてもらいました。それで、あのとき感じたような衝撃を与えられる曲をつくりたい。そして、自分たちよりも若い世代にももっと音楽に触れて欲しい、という想いを込めて書きました。

――いよいよ、3月にはインディーズ時代の楽曲も含めた初のフルアルバム『青年の主張』をリリースされるとのこと。これまでの集大成的にもなるだろうし、バンドとしてのお披露目でもあると思います。どんな作品になりそうですか?

山内:過去の楽曲を再録する意図としては、歩いて来た道を自分たちで振り返る意味でもあるし、当時はできなかったことが今ならできる、ってことを確かめたくて。最近ライブでも全然やってなかった曲と新曲を一緒に並べることによって、昔から応援してくれてる人にはもちろん、新しく出会う人にも僕らのルーツから今のバンドを感じてもらえる1枚にしようと思っています。メジャーに行って、さらにメンバーが半分になったら、方向性がガラッと変わってもおかしくない思うんですけど。僕らは今までやってきたことを変わらずに、抜けた穴を埋めるくらいの力をつけてやっていこう、という気持ちでいます。だから本当に集大成であり、これからの僕らを提示できる作品です。聴いている人の未来も切り開いていける作品になったら、という想いでいます。

細川:普段から「僕らが前を進むから、一緒に行こうぜ」という気持ちでいるので、改めて原点を振り返りながら、それをより色濃くして、未来を提示していけるアルバムにしたいと思います。あと、タイトルの『青年の主張』というのがけっこうポイントで。以前から「少年」ってテーマはあったんですけど、今回初めて彰馬から「青年」という言葉が出てきて。再録曲には『17歳』もあるんですけど、“10代の代弁者”と呼称されてきた僕らが、20歳を迎えてどんな曲を奏でるのか、という。個人的に再録曲は、アレンジも変えるところは変えたり、僕がドラムじゃなかった曲もあるので「いまのShout it Outを存分に見せよう」という意気込みで制作しています。

――最後に、そのアルバムの先に見ているものがあれば教えてください。

山内:最近いろんなことがあったし「自分はいったい何がしたいんだろう」って考えてみて、ひとつ大きなことに気付いたんですよ。僕は小さいころから、ただ音楽がやりたかったんです。どんなことよりバンドを続けたい。この日々を続けること、それが一番の望みです。

細川:二人になって心配させてしまった人もいますけど、いまは僕もとにかく意志を持ってやり続けることだけを考えています。それが難しいことであることは、もちろん今回の経験で実感しているんですけど、もし僕らがすぐに折れてしまったら、これまでやってきたことすべてに、説得力がなくなってしまうと思うので。だから絶対やめないし、進み続ける。そう、思っています。


全国ツアー「青年の主張」開催決定!!
1stフルアルバム『青年の主張』のリリースを記念し、全国ツアーの開催が決定しました。
ワンマンライブ6公演、対バン7公演の、全13公演!

詳細はオフィシャルサイト

links

gallery

profile

Shout it Out
大阪府堺市の高校の軽音楽部で、入学直後の2012年4月に結成。「未確認フェスティバル2015」で念願のファイナルステージへの進出を果たし、3,254組の中からグランプリを獲得。その後、タワーレコードの新人発掘レーベル・FIRE STARTERより数量限定リリースしたシングル「17歳」が、発売からわずか1ヵ月で完売するなど、一躍10代バンドを牽引する存在となり、同世代の音楽ファンを中心に支持を集める。2016年9月3日のライブをもって、メンバーが脱退し、山内と細川の2名編成に随時サポートメンバーを迎えるというスタイルで、新体制での活動をスタートさせた。

release

single

これからと夢

Shout it Out
  1. 1. DAYS(テレビアニメ「DAYS」エンディングテーマ)
  2. 2. これからのこと
  3. 3. 君はまた夢を見る
    ※ボーナストラック付き
2016.12.07 RELEASE / ¥1,200 (Tax in)

release

album

青年の主張

Shout it Out
  1. 【収録曲】
  2. 青年の主張
  3. 青春のすべて
  4. DAYS
  5. 17歳
  6. 雨哀
  7. トワイライト
  8. 影と光、他
  9. 全12曲
2017.03.08 RELEASE / ¥2,800 (Tax in) / PCCA-04474

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録