【Eggs番長アリスが行く!】 Absolute area インタビュー

share
tweet
facebook share

インディーズアーティストを応援する“Eggs番長”アリスムカイデがアーティストを直撃!第2回目のゲストは、「未確認フェスティバル 2017」ファイナリストであり、現在「あなたへ / ミライゾウ」リリースツアー中のAbsolute area。Eggs番長が、平均年齢19歳のAbsolute areaへ音楽性だけでなく人間性にも迫る!

◆Absolute area:萩原知也(Ba.) / 山口諒也(Vo.Gt.) / 高橋 響(Dr.)
◆Eggs番長:アリスムカイデ

Photo:坂田貴広 / Text:及川 静

アリス:では、これまでに影響を受けたアーティストを教えていただけますか?

山口:僕は桜井和寿さんに影響を受けて音楽を始めようと思ったんです。実は中学生の時に世紀の大失恋をしまして、その時にすごい聴いてたんです。

高橋:どの人だ? 中1から一緒なんで。

山口:マジでヤメて! だって、俺、真面目だよ。俺を見てて、どう思う?

萩原:真面目。なんの面白みもない。

高橋:ツマラナイぐらいに。

山口:何の面白みもないって、おかしいだろ。

高橋:イジられると面白いんだけどね。

山口:で、僕、すっごい一途なんで! 本当に! それで、大失恋をしたときにMr.Childrenの曲がすごい寄り添ってくれたので、今度は俺の番だ!って感じで。

アリス:その子にライブを観てほしい?

山口:そうですね。まだ観てないので。

高橋:そうですね、観てないですね。

アリス:誰か特定できたようですね。では、きょっくんは?

高橋:えっ! 女性!? あっ、僕は父親が音楽好きで。その中にあったONE OK ROCKを聴いたときに同い歳のヤツとバンドやりたいなと思ったら、こいつ(山口)がいたんです。

アリス:じゃあ、ONE OK ROCKがきっかけなのね?

高橋:本格的にバンドをやりたいと思ったのはそうですね。ワンオクはライブもかっこいいし、パフォーマンスもすごいので、意識している部分もあると思います。だから、こっちの知也を“ともや”と思いたくないんですよ。人間的にもワンオクのTomoyaさんはすっごいいい人なんで、天と地ほど違う。

アリス:地!?

萩原:俺もいい人だよ?

高橋:で、地の知也が影響を受けたのは誰なの?

萩原:俺は…。

アリス:否定しないんだ(笑)。

萩原:(笑)。RISEのKenKenさんです。YouTubeに上がっていた動画をたまたま見たら、めちゃめちゃかっこよくて、すごい衝撃を受けて。その時にベースをやりたいなと思って、買いに行ったんです。パフォーマンスでも影響受けてます。

アリス:曲作りは基本的に諒也さんが一人で? 全パート作っちゃうんですか?

山口:一人で曲のイメージだけ固めたら、スタジオに持って行って、そこからバンドアレンジしていきます。

アリス:じゃあ、そこからそれぞれのパートを考えていく感じなんですね。諒也さんはイメージをどう伝えるんですか?

山口:できるだけ自分の言葉で、ポンポコポンポコポンみたいなリズムとか…。

高橋:ジャーンとか。

アリス:擬音系(笑)。

高橋:タカドンとか。

山口:それで困ったことは全然ないです。知也も気持ちいいところを出してくれるし。

萩原:うっす!

高橋:ただし、口で言ってるのと、エアドラムの手の位置は全然違いますけどね。

一同:大笑い


アリス:では、2018年の目標はありますか?

山口:『ひと夏の君へ』を超える曲をお届けすることが、僕の中の絶対的な目標です。超えたくて、しょうがないんですよ。『ひと夏の君へ』を作ったのはだいぶ前なんで。

高橋:高校3年の春なので、2016年の曲なんです。

山口:だから、そろそろ。Absolute areaは、これしかないんじゃないの?って言われるんですよ、知り合いから。それが悔しいんです。

アリス:あの曲の反響はやっぱり大きい?

高橋:大きいですね。

山口:ライブの1曲目でやることが多いんですけど、お客さんの心を持っていくことができるんじゃないかな?と思ってやってます。

アリス:それを超える曲を?

山口:はい。最初に『ひと夏の君へ』をやって、最後にもう一度ガン!と盛り上がれる曲をつくりたいです。

アリス:知也さんは?

萩原:ライブにおいての話なんですけど、ライブごとに込める熱量の差がある気がしていて。バンドとしてかもしれないんですけど、そういうときはお客さんの反応も良くないし、逆にこれはキタなと思うときはすごく盛り上がるんです。だから、そういうキタなと思えるライブを常にできるようになることです。

アリス:どうしたら、そういうライブができるようになると思いますか?

萩原:練習すること?

山口:それしかないよね。“エモい”ライブをして、お客さんを乗せるという方法もありますけど、すべてそれだけに任せるのは違うなと思っていて。バンドの縦の線が揃ってるとか、そういう土台がないと空間はつくれないと思うので、もうひたすら練習をね?

萩原:しようね。

アリス:きょっくんは?

高橋:これまでのツアーで南は大阪までしか行ったことがないので、もっと遠くまで行きたいです。Twitterで結構、来てくださいというコメントをもらえることがあるので。

アリス:さっき、ちらっと面白くなりたいという言葉を小耳に挟んだんですけど。

山口:なりたいですね。MCとか、一発芸やってとかって振られると何にもできなくなる人間なので、それをどうにかしたいんです。

高橋:単純にMCが下手すぎるんだよ。高校の時も諒也がしゃべったら、シーンって!

アリス:面白いこといってるの?

高橋:面白いことを言おうと努力してた時期があるんですけど、それでもシーン。普通にしゃべってもシーン。

アリス:メンバーがツッコんだら面白くなるんじゃない?

山口:誰もツッコまないんですよ、これが!

高橋:こっちまで被害受けるから(笑)。

山口:コイツ何言ってんだ?みたいな空気になるんですよ。だから、曲にすごい入りづらい。会場が盛り上がってから曲に入りたいので、そこも2018年の課題です。

高橋:それは毎年言ってる気がするけど。

山口:オチの付く話ができるようになりたいと思います。

アリス:じゃあ、近々と年末、最低2回は観に行かないと!

山口:僕は、「未確認フェスティバル2017」のファイナルで同じステージに立った「Some Life」をすごい尊敬しているんですけど、彼らは笑いにも貪欲なんです。お客さんの煽り方とか、そういうのもすごくうまいし。

アリス:さらにセットリストを書いた紙に写真を無断採用されてたんですよね?

山口:そうです。僕らの前のアー写が印刷されているという、謎の…。

高橋:「なんで使ってんの?」って聞いたら、「面白いから」って。俺らのアー写なのに。しかもお客さんに見せるものじゃなくて、自分たちのためだけのセットリストなんですよ。

一同:大笑い


▲Some Life側から送られてきたのセットリスト写真に
Absolute areaで“怒り”マークをつけてSome Lifeへ送り返した写真

links

profile

Absolute area
写真左から、高橋響(Dr.)、山口諒也(Vo.G.)、萩原知也(Ba.)

2014年、高校の同級生で結成。平均年齢19歳。メンバー脱退を経て、2017年10月に現メンバーに。

今までに「YHMF」「MusicRevolution」など、高校生大会にて数々の受賞歴を持ち、2017年3月にはバンド初のワンマンライブを下北沢GARAGEにて開催。チケットはSOLD OUT!!!
勢いに乗って、7月からは、自主企画3ヶ月連続2マンシリーズ“ふたりのり”を開催。(7月:下北沢GARAGE / 8月:青山RizM / 9月:青山RizM)
10代限定フェス「未確認フェスティバル2017」ファイナリストとして新木場スタジオコーストに出演。
年齢離れした高い技術に加え、ボーカル山口諒也のソングライティング、歌声が魅力で、同世代からの絶大なる支持を得ている今後大注目の若手3ピースギターロックバンド。

release

single

「あなたへ / ミライゾウ」

Absolute area
  1. 1. あなたへ
  2. 2. ミライゾウ

2018.01.10 RELEASE
※タワーレコード 渋谷店、名古屋パルコ店、梅田NU茶屋町店 限定
¥700(Tax out) / BDRD-15

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or