【Eggs番長アリスが行く!】 HAMMER EGG vol.8 ライブレポート

share
tweet
facebook share

インディーズアーティストを応援する“Eggs番長”アリスムカイデ。
今回は、2月16日(金)に渋谷eggmanで開催された“Skream!”と“TOWER RECORDS”、“Eggs”が贈る次世代のアーティストをサポートするコラボレーション・ライブ「HAMMER EGG」の第8弾へ突撃取材!Eggs番長自らライブレポートを敢行♪

■Skream! × TOWER RECORDS × Eggs presents 「HAMMER EGG vol.8」
 【開催日】2018年2月16日 (金)
 【会 場】渋谷eggman
 【出演アーティスト】マカロニえんぴつ / mol-74 / 緑黄色社会 / トビウオ(OA)



Text:Eggs番長(アリスムカイデ)
Photo:横村 彰

ライブレポートにあたり

あたしの人生をきっと少しずつ輝かせていて、いつだって心が動く場所、ライブのレポート。 密かに憧れてはいましたが、当方プロのファンでございますので“「好き!最高!」といった瞬間的語彙ばかりになってしまうかもしれません”とお伝えするも「それでいいです」と快く任せていただきました。 とはいえ、もちろんそうはいかない、個人的な感想を大事にしつつ全アーティストの素晴らしさを詳細に届けたい!と臨んだくせに、スタートから早々「ライブなんかそこで見てる人にしかわからないよなぁ」なんて思ってしまいました。


OPENING ACT:トビウオ

オープニングアクト トビウオ。
MVにも出演させてもらった1曲目"Gravity Days"の前奏からグッとトキめいているうち、開演して間もない会場に響いた「今日のライブ1回目のサビです!」という呼び掛けは、オープニングアクトであることへの心持ちとしても、今はじまっていく一日を楽しむ合図としても100点満点。 そこから自然と挙がっていく手、生まれる手拍子、会場の一体感に加えて畳み掛けるような2曲目のスタート、全員が同時に頭を振り下ろしたあと全開の笑顔で飛び出てきたのだからもうたまらない。 メンバーそれぞれが好きな音やタイミングで破茶滅茶楽しそうな笑顔になったり会場を見回したり好き勝手に動き回るのに、ふとした瞬間動きがバシッと揃うから見ている方も同じくバッシバシの笑顔になってしまう。
間違いなく彼らは今日の"オープニング"でした。

1ST ACT:緑黄色社会

続いては、緑黄色社会。
そこに立った途端からたった1ステージ、1曲、1節のなかでクルクルと別の女の子になるボーカルの晴子さん。
ほんの少しの仕草も表情も見逃せなくて、彼女を観ているかいないかで曲の意味が変わって聴こえてしまうほどでした。
言葉の意味をどこまでもいつまでも広げるパフォーマンス。
特に"恋って"で魅せたイメージままのふわりと踊る毛先、揺れるお洋服のリボン、きゅんとしちゃうような笑顔によく映えるどこか訝しげなほど強い瞳は「女の子ってたった1人のなかにいるたくさんの自分が全部本当であること」「放つたった1文が全て違う意味を持つこと」「そしてそれにいつまでも翻弄されてしまうこと」を上手に突きつけられたような気持ちになりました。
あたしだって目まぐるしく突っ走れる毎日をトキめいていなきゃ、うかうかしていられないです。

2ND ACT:マカロニえんぴつ

そして後半戦 マカロニえんぴつ。
初っ端"鳴らせ"の「なら変われんのはいつになんだ」からひたすらにハッパをかけては掬い取っていく、日々と戦闘みたいな35分間。
どの曲も色が違うのに「この恋できっと間違っていない 合っている」みたいな言葉選びとか、次から次へと予想できない展開とかのひとつひとつにしっかりと追い討ちをかけられていって、最後には「形にならないこの気持ちの逃げ場所は"ここ"にある」と強く指してくれたその足元を踏みしめる。
ライブの途中で言った「CDはみんなに届いてるかどうか届かないけど、ライブは届くかもしれない。届いたらいいなという気持ちでやります。」という言葉を思い出しながら最後のバンドを待つ時間をくれました。

LAST ACT:mol-74

そしてラストアクト mol-74。
鳴ったと同時に知らない惑星に放り込まれてしまいました。
次の曲が始まった瞬間、その曲ではなくその曲と前の曲の間のほんの数秒にあったストーリーをおもってしまう。なんてその空間だけの映画に溺れていたら"エイプリル"の「綺麗な映画を観た後にふと君を思い出した 映画みたいにはいかない結末に僕は何を思う」にパシンと醒まさせられる。
あんなにも届く声が美しいのに、全ての音がクリアでひとつで、拍手すら空気を読んでいるような、手拍子すら演奏であるような。
ライブ以外は何もなくなってしまうほど夢中になれるライブはもちろんだけど、個人的にはライブ以外の無関係を勝手に考えてしまうような、気が付いてもいなかった自分の感情と脳内をつつかれてしまうようなライブも最高だと思っています。

ライブを終えて

なんかもう全部に負けない!と滾る素晴らしい一日、ありがとうございました。
いつも自分が再生ボタンを押すみたいに読み込んでいるようなレポートは書けなかったけど、こんな感想だからこそのほんのどこかで"ライブ"を欲していただけていたら幸いです。
あとのことは楽曲やミュージックビデオでご確認を。是非。

links

profile

トビウオ
2014年夏から活動を始めYHMF、スクールズアウト、青二祭など数々の大会の決勝に出場し、O-WEST O-EAST 赤坂BLITZなど著名なLIVEハウスでの演奏経験を持つ。キーボードボーカルの透き通る爽やかな歌声に絡み合う、力強く繊細な楽曲は、唯一無二のジャンルを作り上げている。

profile

緑黄色社会
2012年活動開始。愛知県 Vocal長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声、キーボードpeppeの型にはまらないフレーズ、 Guitar小林壱誓の柔らかいコーラス、バンドを支える最年少、穴見真吾のBass Line。 同級生3人と幼馴染で組まれ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、様々なカラーバリエーションを持った楽曲を表現し続けている。

profile

マカロニえんぴつ
2012年はっとり(Vo/Gt)を中心に神奈川県で結成。 メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。 はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。全国にマカロックを響かせるべく都内を中心に活動中!

profile

mol-74
mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン) 武市和希(Vo,Gt,Key)、井上雄斗(Gt,Cho)、坂東志洋(Dr) 京都にて結成。武市の透き通るようなファルセット・ヴォイスを軸に、北欧のバンドにも通じる冷たく透明でありながら、心の奥底に暖かな火を灯すような楽曲を表現している。

profile

アリスムカイデ
北海道から高校卒業とともに何のアテもなく上京。事務所に所属しドラマや映画を主とした芸能活動を開始するが、モデルの活動がしたかったためフリーに転身、再始動。独自のキャラクター性とスタイルを自らプロデュースして売り込み、現在では日本のファッション、カルチャーに携わるモデルを軸に、20本を超えるミュージックビデオへの出演やDJ、MC活動など、さらには「モードとファンタジーとロックミュージック」をテーマにプロデュースブランドを立ち上げるなど活躍の場を広げている。ニューエイジ・ヒロイン。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or