【Eggs番長アリスが行く!】 リアクション ザ ブッタ インタビュー

share
tweet
facebook share

インディーズアーティストを応援するプロジェクト・Eggsにて“番長”に就任したアリスムカイデがアーティストを直撃! 記念すべき1回目のゲストは、12月6日(水)にMini Album『After drama』を発売するリアクション ザ ブッタ。音楽性やライブシーン、そして、Eggs番長しか暴けないメンバーの素顔に迫る!

◆リアクション ザ ブッタ
(写真左より)木田健太郎(Gt/Cho) / 大野宏二朗(Dr) / 佐々木直人(Vo/Ba)
◆Interviewer:Eggs番長 アリスムカイデ

Photo:横村 彰 / Text:及川 静

― 1人の人間のもがいてる様を描きたかった ―

img_2257

アリス:今回はよろしくお願いします。いきなりなのですが、アルバム『After drama』を聴かせていただいて、なんかちょっと悔しくなったんですよ。

Vo/Ba 佐々木直人(以下、佐々木):えっ、悔しい!?

アリス:まんまとハマってしまった感じがして。

佐々木:なるほど(笑)。

アリス:1曲目の『ドラマのあとで』を聴いた時は、失礼な言い方ですけど、ちょっとイラっとしたんです(笑)。

佐々木:はい(笑)。

アリス:歌詞に出てくる女性側の気持ちになってしまって。それで最後の6曲目まで聴いて、また1曲目に戻ったら、今度はいい曲じゃん!と。

佐々木:おー!

アリス:むちゃくちゃグッと来るところまで踏み込んでる歌詞なのに、誰にでもハマるようなフワッと感もあるので、誰かの曲なのに自分の曲になってしまうところがスゴイなって。そこは意識されて作詞されてるんですか?

佐々木:今回は1曲目から6曲目まで一人の人の感情を描いているんです。

アリス:そうなんだ!

佐々木:1曲目でフラれて、2曲目の『クローン』で自暴自棄なモードに入り、『ヤミクモ』で新たな出会いがある。そして、4曲目の『はしゃぐ君を見ていた』で2人の日常が描かれて、5曲目『リード』で主人公の深い嫉妬心を露わにし、最後の『behind』で相手の気持ちを受け取る努力をするところにまで至るというストーリー。でも、きっとこの主人公は『behind』の後、多分またフラれて、『ドラマのあとで』に戻っていくというイメージで曲を選んだので、おっしゃっていただいたことは、そのまま当てはるなと思いました。

アリス:1曲目の登場人物みたいな人って、ずーっと向き合っても最後まで1曲目の人じゃん!ということが多いと思うんですけど、この6曲目の心境にまで至るということはすごいステキなことだなと思いました。それから、メロディも悲しくなり過ぎないようになってますよね? 楽しい曲ほどグッとくる歌詞になっているので、ぜひライブを観たいなと思いました。きっとライブの熱量で全部が心まで入って来ちゃうんじゃないかな?って。これは個人的な好みなんですけど、しっとりした歌詞をそのまま悲しいメロディで聴くよりも、強いメロディで聴く方がめちゃくちゃグッと来ちゃうんです。やっぱり、それも意図してやってるんですか?

Gt/Cho 木田健太郎(以下、木田):『ドラマのあとで』など切ない内容の歌詞は、それを悲しい顔になるようなアレンジや雰囲気で届けるよりも、笑いながら言うほうが余計グッと来るというか、より悲しくなるというか(笑)。そうするほうがより歌詞の世界が伝わると思うので、逆説的に伝えている曲が何曲かあります。その中でも『ドラマ』は、それが特にわかりやすい曲だと思います。

アリス:うんうん。話がちょっと戻っちゃうんですけど、“細かいところまで描かれているのに誰にでも当てはまる”というところで、まず『ドラマ』に出てくる2個入りのアイスが『雪見だいふく』なのか、『パピコ』なのか、どっちかなと思ったんですよ(笑)。

佐々木:そこは物議を醸し出しますよね(笑)。

アリス:商品名を書いて自分だけのものにしてしまえばいいところを書かないから、みんなのものになるような気がして。そういうところがグッとくるのかなと思いました。

佐々木:2個入りのアイスに意味があるというと大袈裟なんですけど、2つあるものが1つでいいと思ってしまうという抽象であったり、単純に甘いものがそんなに食べられないから以前は分けていたという情景を示すものなのかもしれないですね。2個入りのアイスって身近なものだけど、いざという時に『うわっ!』と思う物かもしれないないなと気付いたので、入れてみたんです。

アリス:この歌詞を読んだだけで、私、情景が浮かんでしまって。夏だったのか、冬だったのか、公園だったのか、おうちだったのか想像してしまったんです。こういう曲を作るときは、自分の中にあるものを届けたいと思うよりも、誰かを救いたいという気持ちがあるという感じですか?

佐々木:あー。あるとすれば、自分のこと…を救い…たい、のかな? 僕は人のことを考えながら作れるほど、自分に余裕がないというか…。聴いてもらうためには自分をさらけ出して、自己紹介しないといけないと思うんです。自分が隠していたら、相手も心を許してくれないと思うので。そういう部分を意識しているので、まずは自分自身の感情を救い出して、それがうまくできると結果的に聴いてくださる方に届きやすくなるのかな?という感じです。

アリス:そうすると、ストーリーを構築していこうというよりも、自分の中からストーリーを出す感じ?

佐々木:描写はもちろん想像のものもありますが、自分の中の1つの感情を掘り下げるとこういうストーリーになるというか…。

アリス:なるほど。今回のミニアルバムはアルバム全体で1つの物語になっていますが、全体をわかりやすいテーマでいうと何ですか?

佐々木:『After drama』というアルバムタイトルで、『ドラマのあとで』という曲から始まるというのは、1人の人間のもがいてる様を描きたかったという理由があると思います。

アリス:6曲目からまた1曲目に戻るというところが、聴く人を救える気がするんですよね。どうせ戻るっていうところに(笑)。それで1~6曲をループで聴いていると1曲目の『ドラマ』の印象が変わっていくなとも思いました。

佐々木:おー、なるほどー。

img_2191

links

profile

リアクション ザ ブッタ
写真左から、木田健太郎(Gt/Cho)、佐々木直人(Ba/Vo)、大野宏二朗(Dr)の3人からなるギターロックバンド。

2007年、同じ高校の同級生であった佐々木と木田を中心に結成。2016年より大野が正式メンバーとして加入し、現体制で活動中。 2009年「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2009」で最優秀賞を受賞し、同年の「ROCK IN JAPAN FES.2009」に出演。2014年12月「RO69 JACK 14/15」に優勝し、同年の「COUNTDOWN JAPAN14/15」にトップバッターで出演を果たす。2016年7月「Born Next Live」 in Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016の選考通過バンドとして「ap bank fes 2016」の Rebormステージ に出演。他にも、SKY-HIのライブツアー青森会場でのOAとして出演、「MORNING RIVER SUMMIT 2016」、「サイサイフェス 2016」、「イナズマロック フェス 2016」など、さまざまなフェスに出演。

release

Mini Album

『After drama』

リアクション ザ ブッタ
  1. 1. ドラマのあとで
  2. 2. クローン
  3. 3. ヤミクモ
  4. 4. はしゃぐ君を見ていた
  5. 5. リード
  6. 6. behind
2017.12.06 RELEASE / ¥1,600 (Tax out) / EGGS-0025

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

IDまたはメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or