【Eggs番長アリスが行く!】 リアクション ザ ブッタ インタビュー

share
tweet
facebook share

インディーズアーティストを応援するプロジェクト・Eggsにて“番長”に就任したアリスムカイデがアーティストを直撃! 記念すべき1回目のゲストは、12月6日(水)にMini Album『After drama』を発売するリアクション ザ ブッタ。音楽性やライブシーン、そして、Eggs番長しか暴けないメンバーの素顔に迫る!

◆リアクション ザ ブッタ
(写真左より)木田健太郎(Gt/Cho) / 大野宏二朗(Dr) / 佐々木直人(Vo/Ba)
◆Interviewer:Eggs番長 アリスムカイデ

Photo:横村 彰 / Text:及川 静

― 今回のアルバムの聴きどころは? ―

img_2259

アリス:では、メンバーそれぞれの今回のアルバムの聴きどころを教えていただけますか?

木田:僕のオススメは『ヤミクモ』なのですが、RECでボーカルを録っている時に歌い方がこれまでと大きく違っていたんです。声を聴きながら、歌詞を読んでいたら、何回も聴いているはずなのに、素直に感動してしまって。ストレートに歌っているので、歌詞がスーッと入ってくると思うので、ぜひ聴いていただきたいです。

大野:僕は5曲目の『リード』かな。劇的な歌詞なので、初めてライブで披露した時に、この歌詞ヤバイねという人がいたんですよ。共感まで行かないけど、わからなくないなという感じみたいなんです。きっと好きな女性に従順でいたいと思っている男って、言わないだけで案外多いと思うので、これを聴いて気持ちを解放してもらいたいです。『愛を吠える犬でいたいんだー!』って(笑)。

木田:犬になりたんだー!(笑)

大野:犬になりたいんだー!と感情を爆発してもらえばと思います。

佐々木:僕が5曲目を書いた時は変わったものを書いたつもりではなかったんですけど、MVを撮っていただいた清水(康彦)監督や大御所の作詞家さんなどが、『なんだ、この子供が書いたみたいな歌詞は!』とすごく引っかかったらしいんです。良いのか、悪いのかわからないですけど、歌詞にザラつきがあって、それがいろんな巨匠の心に残ったという意味では良かったのかな?って。だから、今までの僕らを知ってる人にも新鮮な曲かもしれないです。個人的には4曲目の『はしゃぐ君を見ていた』がアコースティックから始まるので、聴く人が自分のものにしやすい曲かなと感じています。最後の盛り上がりで2人の存在意義を問うので、なんでもない日常を少しドラマチックにしてくれる曲でもあると思っていて、けっこう好きなんです。

アリス:“酔って顔を赤くする”ってところがめっちゃいいですよね。

佐々木:実は僕も赤くなるんです(笑)。

アリス:あはははは。私はこのシチュエーションが普段お酒を飲まない子なら、なおさらいいなと考えたりしてしまいました。

佐々木:意外と細かい描写って限定するようで、みなさん変換して自分に当てはめるんですよね。

アリス:その余地がすごい多い! いろんなところにあると思いました。

佐々木:もっともっとそういうところをやっていきたいなと思っています。

― ドラマみたいだなと思った恋愛の風景 ―

アリス:突然ですが、みなさんの心に残っている、ドラマみたいだなと思った恋愛の風景を1つ教えてもらいたいのですが?

大野:風景!?

アリス:ありませんか? なぜか一瞬のこの風景だけ妙に覚えているってこと。一番好きだった瞬間じゃなくて、忘れられない瞬間の風景です。

佐々木:あー、ありますよ、僕。すでに曲に使ってるんですけど、昔、ご飯を食べている時に別れ話をされたんです。イタリアンっぽいお店で、席に2人並んで外の景色を見ながら食べていて、僕、右手にピザを持っていたんですよ。そこで別れ話をされたので、ずっとピザを持ったまま、静かに涙だけ流れるという(笑)。たぶん、もう食べられることはないであろうピザ、ごめんなと思いながら、心情とピザのギャップを感じたという風景でした。

大野:僕は恋愛ではないかもしれないですけど、昔お付き合いしていた人と久々に会うことになったんですよ。3、4年ぶりだったかな。付き合っていた時の僕と彼女は同じぐらいの身長だったんですけど、再会後に横断歩道を歩いていたら、『背伸びたね』って言われて、すごいドキッとしちゃって! 覚えてくれてたんだ、そういうのって!!

アリス:本当に伸びてたんですか?

大野:確かにちょっと伸びてたんです。ほんの2cmぐらい。

アリス:2cmの差って、隣にいた人じゃないと気付けない差ですよね。

大野:そうですね…。

佐々木:赤裸々に語っちゃってるなー(笑)。

大野:身体が熱い。ちょっと脱ぐわ(笑)。

木田:2人のネタ濃すぎるよ…。

佐々木:ドラマみたいに偶然出会うとかないの?

木田:そういうの探してるんだけど、ないんだよね…。ドラマっぽくないですけどいいですか? 初めて付き合った彼女は、学校は同じだったんですけど、あんまり喋ったことのない子で、それでもずっと好きだったんです。それで友達から彼女のアドレスを聞いてメールしたんですけど、その2通目で付き合ってくれと言って付き合ったんです。

img_2308

佐々木:甘酸っぱい話だね。そういう初期衝動って残るよね。

木田:勢いで言ってしまえというより、普通は自分のことを好きになってもらうためにいろいろすると思うんですけど、もしダメだった時にその時間が無駄になっちゃうなと思って、それなら最初から付き合ってくださいと言った方がいいかなって。

アリス:無駄になっちゃうと思ったんですか!?

佐々木:恋愛に効率を求めるんだ。

大野:怖いよー。

アリス:あはははは。

木田:いや、俺の時間じゃなくて、相手の時間の無駄になっちゃうかなって。興味のない奴からメール来るのもなって、当時は極端に思ってて。でも、『付き合ってください!』とストレートに言ったら、付き合えました。

佐々木:男らしい。

大野:ねっ!

佐々木:俺だったら、『付き合ってください』に“かっこ笑い”付けちゃうね。ウジウジしてるから。

大野:“かっこ笑い”付けちゃうか(笑)。

アリス:これからも皆さんだからこその曲を届けてください。本日は本当にありがとうございました!

img_2461

links

profile

リアクション ザ ブッタ
写真左から、木田健太郎(Gt/Cho)、佐々木直人(Ba/Vo)、大野宏二朗(Dr)の3人からなるギターロックバンド。

2007年、同じ高校の同級生であった佐々木と木田を中心に結成。2016年より大野が正式メンバーとして加入し、現体制で活動中。 2009年「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2009」で最優秀賞を受賞し、同年の「ROCK IN JAPAN FES.2009」に出演。2014年12月「RO69 JACK 14/15」に優勝し、同年の「COUNTDOWN JAPAN14/15」にトップバッターで出演を果たす。2016年7月「Born Next Live」 in Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016の選考通過バンドとして「ap bank fes 2016」の Rebormステージ に出演。他にも、SKY-HIのライブツアー青森会場でのOAとして出演、「MORNING RIVER SUMMIT 2016」、「サイサイフェス 2016」、「イナズマロック フェス 2016」など、さまざまなフェスに出演。

release

Mini Album

『After drama』

リアクション ザ ブッタ
  1. 1. ドラマのあとで
  2. 2. クローン
  3. 3. ヤミクモ
  4. 4. はしゃぐ君を見ていた
  5. 5. リード
  6. 6. behind
2017.12.06 RELEASE / ¥1,600 (Tax out) / EGGS-0025

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or