【Eggs番長アリスが行く!】 Some Life インタビュー

share
tweet
facebook share

インディーズアーティストを応援する“Eggs番長”アリスムカイデがアーティストを直撃! 4回目のゲストは、「未確認フェスティバル 2017」の準グランプリで、現在アルバム制作中のSome Life。名古屋発の4人組にEggs番長が迫る!

◆Some Life:DAIYA-TAN(Vo.) / you太郎(Gt.) / RYOMA(Ba.) / KaeDe(Dr.)
◆Eggs番長:アリスムカイデ


Photo:横村 彰 / Text:及川 静


アリス:まずは自己紹介お願いします。

DAIYA-TAN:ボーカルのDAIYA-TANです。

you太郎:ギターのyou太郎です。

RYOMA:ベースのRYOMAです。

KaeDe:ドラムのKaeDeです。

アリス:よろしくお願いします! 前回のAbsolute areaの時に皆さんの話が出ていて、セットリストに彼らのアー写を使っていると聞いたので、勝手に親近感湧いてます。では、バンドの結成のきっかけを教えてください。

DAIYA-TAN:僕ら小学校からの幼馴染なんですよ。で、仲のいい友達同士で演奏をしたのがきっかけで、そこからずーっとやってます。

アリス:全員?

DAIYA-TAN:全員です。一人だけ(KaeDe)一個下なんですけど。

アリス:もう最初からこのメンバー?

DAIYA-TAN:そうです。中3の文化祭に向けて。もう、みんな楽器をちょっとだけやってたので。

アリス:その時はどんな音楽をやってたんですか?

DAIYA-TAN:ASIAN KUNG-FU GENERATIONとかのコピーバンド。

アリス:いまの曲を聴くと意外な感じ。

DAIYA-TAN:モテたかったんで。

KaeDe:アジカンはモテてた。

RYOMA:俺、アジカン意識してメガネ掛けてたからね、中学の時。

KaeDe:あ、そうだったんだ。

DAIYA-TAN:でも、楽器買った理由も全部それ(モテ)だったね。

アリス:影響を受けたり、好きだったアーティストは?

RYOMA:みんな似てたよね? ORENGE RANGEとか。

KaeDe:俺はバンド初めてから音楽と出合ってるから、モテたいが先。

DAIYA-TAN:みんなそうっすね。

KaeDe:だから、音楽始めたきっかけは自分っすね。

全員:大笑い

DAIYA-TAN:それだ!きっかけ自分っすね。でも、本当にきっかけというのはないんです。で、やっていきながら(音楽を)好きになっていったんです。

アリス:じゃあ先に楽器を持ったってこと?

you太郎:そうですね。

アリス:担当楽器は自然と決まったの? 話し合いとかは?

DAIYA-TAN:ないっすね。

アリス:本当に!? バンドを始めてからはどんな音楽を?

DAIYA-TAN:僕はRage Ageinst the Machineとか。

you太郎:僕はBring Me The Horizon。

アリス:アジカンがどんどん薄まってくね。

you太郎:そうなんすよ。METALLICAとかね。

KaeDe:僕はRed Hot Chili Peppersです、圧倒的に。

RYOMA:僕もレッチリとか、NIRVANAとか。

アリス:文化祭でやった音楽とは被らないものばかり。

DAIYA-TAN:ぜんぜん違いますね。言われてみれば…。

RYOMA:いまやってる音楽ともぜんぜん違う。

KaeDe:NICKELBACKやっても、中学じゃモテねーからな。

RYOMA:中学生でNICKELBACKは怖いよ。

アリス:17年にリリースしたミニアルバム「24/7」はそれぞれ曲のジャンルが違いますけど、それはわざとですよね?

DAIYA-TAN:いや、意識してないですね。作りたいものを作っただけ。

アリス:えっ?そうなんだ!? ミニアルバムだから自分たちを知ってもらうために、自己紹介的にカラーを分けてるのかと思ったんですけど。

DAIYA-TAN:全然。ブレブレなだけです。ジャンルも好きなものをやってるだけで、(ミニアルバムも)作ってみたらそうなったというだけで。

アリス:曲作りはどうやってるんですか?

DAIYA-TAN:僕が独りで家で作ってます。おうちに引きこもって、ギター弾いたりして。

アリス:これだけ曲によってジャンルが違うとライブが気になるんですけど、お客さんのテンションも曲によって変わりますよね?

DAIYA-TAN:それがすごい悩みなんですよ。だから、もっと曲を増やしたいなと思ってます。セットリストを組むのが大変なんで。

アリス:確かにね。

DAIYA-TAN:いろんなジャンルができるのは楽しいんですけど、ちょっと考えないとなって。

アリス:セトリはみんなで相談して?

you太郎:そうです。

DAIYA-TAN:うまい具合に雰囲気を作れるように考えてます。

KaeDe:テンションとかね。

アリス:わりとテンション重視ですか?

DAIYA-TAN:僕が(ライブで)言いたいことが変わっちゃったりしたら、変わっていきます。ライブ前は盛り上げていこうと思ってても、ライブ中に悲しい気持ちになったら、そのままMCしますし。だから、セットリストの意味がないんですよね。

アリス:やる曲自体も変わったりするんですか?

you太郎:たまに変わりますね。

KaeDe:1曲減らしたり。

RYOMA:直前に変えることもあるよね? これじゃねえって。

アリス:そこはメンバーの皆さん慣れてるんですね?

RYOMA:まあまあ、はい。

DAIYA-TAN:迷惑掛けてます、ホントに。

アリス:バンドの活動は全体的にそんな感じなんですか?

DAIYA-TAN:そうですね。僕がいいって言ったら、いんじゃねー?ということになって、どんどんそういう方向になりました。気持ち重視です。

アリス:これからツアーなどもあるわけですが、何を重視していきたいと思ってますか?

DAIYA-TAN:それに関してはアルバムできてみないとわかんないんで。その時できた歌詞が自分の気持ちだと思うんで、そのまんまのライブができたらいいなと思います。だから、いまはわかんないす。アルバムできてみないと。

アリス:本当にそういう感じなんですね。

DAIYA-TAN:それが一番楽しいのかなと思います。俺ら、幼馴染から始まってるし。たまにわかんなくなったりもするんですけどね。

アリス:そういう時はみんなで話し合いするんですか?

DAIYA-TAN:それをしても意味なんですよ、俺ら。話まとまらないんですよ、全員バカなんで(笑)。

アリス:大笑い

DAIYA-TAN:それが一番の弱点ですね。

KaeDe:でも、(話さなくても)思ってることはみんな一緒だったりするんですよ。

RYOMA:だいたいわかる感じあるよね。

KaeDe:だから、悩んでも時間が掛からない。

アリス:とりあえずやってみようか、みたいな?

RYOMA:やってみてダメだった時、考えればいいかな?って。

gallery

links

profile

Some Life
2015年、名古屋にて幼馴染で結成。
メンバーは、DAIYA-TAN(Vo.) / you太郎(Gt.) / RYOMA(Ba.) / KaeDe(Dr.)
インディーズにてミニアルバム1枚、シングル2枚をリリース。
2017年8月『未確認フェスティバル2017』準グランプリ獲得。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or