【植松哲平】歌詞を乱暴に仕分けするコラム A11yourDays編

share
tweet
facebook share

そこそこ日が経ちましたが新年明けまして。
こちらのコラムも2年目に突入しました。本年もよろしくお願いします。

さてさて、2017年最初にピックアップするのは「A11yourDays」です。
日本、韓国、アメリカと多国籍なルーツを持つメンバーによる5人編成で、結成からわずか1年強ほどの活動ながら、ap bank fesやイナズマロックフェスへの出演も果たした、勢いのあるバンドです。 メンバーの編成よろしく、歌詞も英語詞と日本語詞が混ざり合ったものとなっていて、英語力乏しいでお馴染みの僕には若干不安な仕分けチャレンジになるんですが、どっこい。難解な詞ではなくて助かった。A11yourDaysの歌詞は簡潔でわかりやすく、受け手の想像を付け足しさせてくれる余裕があります。

星も月も無い夜に
当てもなくただ走らせた
このままどこへでも
行けそうな気がしたんだ
トンネル抜けたらそこは光の交差点
こんな夜は隣に君がいたらいいのに

『City』より

彼らはまだデモ音源を発表しただけで曲数もまだまだ少ないですが、結成まもなくに作られた「City」という曲。丁寧な情景描写は多くの人が自分の思い出に照らし合わせることができるんじゃないでしょうか。淡い想いをあるある成分強めで歌ってますね。 これまでこのコラムで紹介した(といってもこれで3回目ですが)「春ねむり」や「CLOW」は私小説な側面が強い、心や感情の動きを歌詞にしたものでしたが、A11yourDaysは情景描写に歌詞の多くを費やして感情表現は最小限。もちろん、どちらが良いってもんではなくて、前者は個性が前面に出て強烈な印象を与えてくれますし、後者は多くの共感を得るポップソングとして王道なタイプじゃないでしょうか。

仕分けとしては…「純情フォトブック」ということでどうでしょう。どこか懐かしい見覚えのある風景写真を見て、各々想いを馳せるそんな印象ですね。A11yourDaysのプロフィールによると、バンド名には「全ては”あなた”の日々を彩る為。」という意味が込められているそうです。なるほどって感じですね。


バックナンバーは【コチラ】から


links

profile

植松哲平
音痴なのに音楽を、動けないのにサッカーを、スピード怖いのにロードバイクを愛するアフロヘア。MC、ラジオDJ、リポーター、ナレーター、脇役、チョイ役などのお喋り業務のほか、イベント制作やWEB制作なども手掛け、マルチタレントっぽい雰囲気を漂わせながら器用貧乏に生きる痩せ型男性。 2008年より番組DJを務めるFMヨコハマ「YOKOHAMA MUSIC AWARD」では多数のインディーズアーティストを紹介、若手を中心にこれまで500組以上のミュージシャンにインタビューを行なっている。そのほか、FMヨコハマ「Tresen+」、NHK Eテレ「ごちそんぐDJ」、Crimson FM「Rakuten Superrr Radio Festival Edition」に出演中。

profile

A11yourDays
日本、韓国、アメリカの血が混ざり合う多国籍ピアノロックバンド。POPSとROCKを根底に各個性が彩る楽曲たち。のびやかで綺麗な声と3カ国で描く唄を武器に活動を開始する。前任Dr.とGt:Johnの前身バンドの解散から1ヶ月。かつてからの仲間Key:UK、Ba:Masayaを誘い活動を開始。「すれちがった時に気になった」という理由だけで未だバンド活動をした事のない韓国出身のVo:SOGYONを抜擢。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録