【植松哲平】歌詞を乱暴に仕分けするコラム Shout it Out編

share
tweet
facebook share

今回の仕分け対象は「Shout it Out」。

高校時代に結成、現在20歳にしてメジャーで活動をするバンド。と書くと順風満帆なキャリアを築いてるように見えますが、3度目の挑戦で未確認フェスティバル2015で頂点に立った後、メジャーデビューを果たすも、直後にメンバー脱退で4人から2人体制になり、今は随時サポートを迎えながらの活動という、なかなか紆余曲折な経験をしています。

そんな彼らの最新作がメジャーデビュー2作目にあたる「これからと夢」というEP。

始まりの笛が今鳴って君は走り出した
目指すべき場所なんて今から探すんだ
終わらない夢をいつまでも見よう

『DAYS』より

僕たちはきっとどうにかやれるだろうから
あんまり心配はしなくていいよ
明日はきっと今日よりいい日になるぜ
そう信じて毎日を生きていこう

『これからのこと』より

まだどうすりゃいいか
分からないこんな世界でも
僕らはずっといつまでも
夢を見ている

『君はまた夢を見る』より

なんだかんだで未来。いろいろあるけど明日。徹底的に。
ただ現実逃避的に未来を見てるわけではなく、不安に押し潰されそうな心を受け入れて、なお前進しようという意思をどの歌詞からも感じられます。逆風も何のその、とにかく前に進んできた彼らのバイオグラフィーが説得力を増してるなあ。そう言う意味では、自分のための歌を歌ってる気がします。自らを鼓舞するように。自分のための歌は嘘がつけないから、説得力は当然。
でも、この気持ちは"これから"に不安や希望を抱えた十代にはとても共感できるんじゃないかな。

このEPにはもう1曲ボーナストラックがあって「青年の主張」という曲がアコースティックバージョンで1コーラスだけ収録されてる。こちらは3月に発売予定のアルバムの曲ということで、いわば次作のイントロダクション的にあるんだけど、歌詞を見るとさっきまでの3曲で描かれた夢見る少年が、少し大人になってる気がする、、。全貌はまだわからないけど、Shout it Outはドキュメンタリーのように成長を曝け出してくれるバンドなのかもしれない。

仕分けとしては「ロックキッズ観察記」でどうだろう。
悩んで学んで前向いて、青いバンドマンの生き様を感じよう。

バックナンバーは【コチラ】から

■Shout it Out 1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアー
2/25(土) 大阪・OSAKA MUSE
3/5(日) 名古屋・APOLLO BASE
3/21(火) 松山・松山Double-u Studio
3/25(土) 仙台・spaceZero
3/26(日) 札幌・SOUND CRUE
3/31(金) 金沢・LIVE HOUSE vanvanV4
4/2(日) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
4/8(土) 福岡・DRUM SON
4/9(日) 広島・広島BACK BEAT
4/14(金) 神戸・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
4/16(日) 高松・高松DIME
4/22(土) 松本・松本ALECX
5/7(日) 東京・TSUTAYA O-WEST

links

profile

植松哲平
音痴なのに音楽を、動けないのにサッカーを、スピード怖いのにロードバイクを愛するアフロヘア。MC、ラジオDJ、リポーター、ナレーター、脇役、チョイ役などのお喋り業務のほか、イベント制作やWEB制作なども手掛け、マルチタレントっぽい雰囲気を漂わせながら器用貧乏に生きる痩せ型男性。 2008年より番組DJを務めるFMヨコハマ「YOKOHAMA MUSIC AWARD」では多数のインディーズアーティストを紹介、若手を中心にこれまで500組以上のミュージシャンにインタビューを行なっている。そのほか、FMヨコハマ「Tresen+」、NHK Eテレ「ごちそんぐDJ」、Crimson FM「Rakuten Superrr Radio Festival Edition」に出演中。

profile

Shout it Out
大阪府堺市の高校の軽音楽部で、入学直後の2012年4月に結成。「未確認フェスティバル2015」で念願のファイナルステージへの進出を果たし、3,254組の中からグランプリを獲得。その後、タワーレコードの新人発掘レーベル・FIRE STARTERより数量限定リリースしたシングル「17歳」が、発売からわずか1ヵ月で完売するなど、一躍10代バンドを牽引する存在となり、同世代の音楽ファンを中心に支持を集める。2016年9月3日のライブをもって、メンバーが脱退し、山内と細川の2名編成に随時サポートメンバーを迎えるというスタイルで、新体制での活動をスタートさせた。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録