Eggs Curators かいと。コラム vol.5

share
tweet
facebook share

おはようございます!こんにちは!こんばんは!だんだん寒くなってきて冬を感じませんか?秋どこいった?台風と一緒に飛んでった気がしない?個人的には冬服が1番好きだから嬉しいけどそれにしても寒い。僕は新潟県の出身で、今大学の関係で静岡に住んでるんですけど、よく「新潟出身だからこっちの寒さなんて大丈夫っしょ」みたいなこと言われますけど、そんなことは全くない。寒いものは寒い。でも冬でもサンダルで出かけられるのがいいなとは思いますね。新潟と違って雪降らないから。
さて、枕詞が長くなりましたがそんなことは置いておいて、冬にぴったりのバンドを紹介させてください!!!この曲を聴いてあったまろう!


MINOR THIRD

知る人ぞ知るバンドですね!!!今年の未確認フェスティバル(旧:閃光ライオット)のファイナリストですね。実は、この間対バンさせていただいたんですけどメンバーみんな見事に超良い人でした。うちのボーカルが喉痛いって言ってたら龍角散くれました。優しい。楽器うまくて演奏力あって人間性も素晴らしいってどうやっても勝てないから、頼むからすごく態度悪かったり、人間性くらいクソであってくれ…!!と思ってたのに。。(笑)そんなところで勝とうとしてる時点で負けてるよね。なんの話だ。
まあ、そんなことは置いておいて曲の話に入りましょう。




とても有名な曲ですね。めちゃめちゃ名曲ですよね、この曲。本当に全員、一回生で聴いて欲しい。ライブハウスでちゃんと聴いてみて下さい。艶やかなのに凶暴で、本当に、これはダメです、やばい。褒めてるんですけど、伝わりづらいですよね、申し訳ない僕の語彙力の無さです。いやーでも素晴らしい音楽とかヤバイものに出会ってしまった時ってそうじゃないですか。凄いものは凄いとしか言えないし、かっこいいものはかっこいいしか言えない。そういうものなんですよ、これが最たる例。

この間のライブのMCで言ってたんですけど、ボーカルの長嶋さんは、セッションにトラウマがあるらしいんですよ。やっぱりそういう挫折とかを経験している人っていうのは強い、それに負けないで向き合ってきてるんだから強いに決まっているんだけど、改めてそう思わされました。決して順風満帆でここまで来たわけではないと思います。みんなで苦しんで、悩んで、進んできて未確認フェスティバルのファイナル進出という結果につながったんだと思います。いやーすごい、シンプルに。俺僕らより年下なのに尊敬する要素しかない。これからもずっと応援するし、対バンしたことを一生自慢して生きていきます!!!!

今回は思い入れの強い、特に聴いて欲しいバンドだったので1つだけの紹介にさせてもらいましたがいかがでしたでしょうか。これを機に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。ではまた、次の記事で。



profile

かいと。
愛ってなんなの?

profile

・・・・2019年4月結成・・・・ みんな19さい。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or