Eggs Curators 呀兎 コラム vol.9

share
tweet
facebook share

みなさんこんにちは。呀兎です。
最近はこんなご時世なだけあり、24時間家に閉じこもる生活をしています。 遊びたいのになあ、ライブ行きたいのになあ、演奏したいのになあ。なんてよぎってしまう時もあるけど、きっとみんなも同じだよね、今だけの我慢だね。一緒に乗り越えようね。

さてそんな閉じこもりをしてるそこのあなたに!
今日も素敵なバンドをご紹介します! 本日紹介するバンドはお友達からの紹介。とても良い。

This is LAST

2018年結成のスリーピースバンド!!リリース全国ツアーも企画されていたようです。 彼らの曲はvo.陽報さんの胸をえぐるような実体験を歌ったものばかり。 今までに色々な歌をアップされているようですが、今回はEggsにアップされている曲の中から2曲!ご紹介したいと思います!



胸がキューっと、苦しくなる歌です。殺し文句とは、相手の気持ちを強く引きつける巧みな言葉という意味。この歌で言うと「あなたが1番よ。」って言葉だったのかなあ。 いやほんと切なすぎる。彼にとって、ただわかっているのは待っていれば「君」が帰ってくるってことだけ。この歌に自分を投影して聞いてみると本当に涙が出そうになります。曲の随所で楽器がすべて止まって静かになる一瞬があるじゃないですか。あれブレイクっていうんですけど、めちゃくちゃグッときませんか?そんな細かい所にも耳をすまして聴いてみるとまた違った聴こえ方をするかもしれません。



いやまた切ない。切ないにも程がある。しかし曲調はとっても元気で爽快な、なんとも複雑な心象風景です。 「いつもと違う香水の匂い」 「たまにある朝帰り」 この時点で私の頭の中には浮気の2文字でいっぱいになってしまうんですけど。曲中の男の子は「君は大丈夫だって言い聞かせていた」んですって。いや、切ない!!!!(3回目) ただずっとそばにいたかっただけという思いを綴った1曲。苦しいなぁ。

リアリティに溢れているからこそ、私たちの心をダイレクトにぶち抜いてくるんでしょうね、やっぱり音楽って素敵だ。 今回もありがとうございました。




profile

呀兎
月夜、溺れた兎 盗んだ愛と欲望に囚われたまま 君を飲み込んだ 伝えたいことは 私の言葉で。

profile

This is LAST
2018年に結成の千葉発スリーピースロックバンド。vo.陽報の胸をえぐるような実体験を歌う。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or