Eggs Curators しゅっしゅ コラム vol.11

share
tweet
facebook share

こんにちは。 Eggs Curatorsのしゅっしゅ です。

今回は都内を拠点に活動中のジャンルが異なるバンドを2組紹介していきたいと思います。

ノウルシ

都内を拠点に活動中。
2013年から活動しており、今まで私が紹介してきた中で一番活動歴が長いバンドだと思う。
そんな彼らを知ったのは2014年に公開された「eden」という曲をきっかけ。その頃は無機質でクールな"モノクロ"のイメージが強かった。段々と世界観が色鮮やかになっていき、不思議な浮遊感と耳なじみの良いサウンドへと変化。その代表作だと私個人が感じている「クリームソーダに沈めて」は良い意味で、彼らの音楽に抱いていたイメージが変わった1曲だ。また、シューゲイザーという難しい音楽性の中に、季節を感じさせるような色味を魅せる新しい発見もあって、まるで遅効性の有毒植物に捕らわれてしまったかのような感覚があった。
これからノウルシの音楽がどこへ向かって、リスナーに何を感じさせるのか、とても楽しみにしている。





君が咲かせたアイスランドポピー

都内を拠点に活動中。
とても印象的なバンド名なので、彼女たちの音楽に興味を持つ人も多いのではないだろうか。
僕もそのひとり。このバンド名にはとても綺麗で儚いセンスを感じ、彼女たちが鳴らしている、作っている音楽を知りたいと思った。実際に耳にした時は、「あ、私の好きな音楽だ」という印象しかなかったが、昨年ライブをはじめて見たときに、「君が咲かせたアイスランドポピー」のことをしっかり理解していなかった今までの自分を悔やんだ。
どこか澄んでいて少し寂寥感はあるが輪郭がはっきりとした歌詞、独特の世界観を作り出す楽器隊、そして圧倒的な歌唱力。海にゆっくりと沈んでいく感覚と似たなにかを感じて、純粋にこのバンドのライブをもっと見ていたいと思った。
そしてこの先、もっともっと、化けていくバンドになる、そう確信した。





profile

しゅっしゅ
現を抜かす というイベントをしています。

profile

ノウルシ
ポストロック、シューゲイザー、オルタナティヴロックなどに影響を受けたサウンドに、抽象と具体の間をたゆたうような詞を乗せて歌い上げる。 「地味」「控えめ」という花言葉を持つ絶滅危惧種の有毒植物「ノウルシ」のように、弱さや儚さを武器にじわりじわりと蝕んでいく。

profile

君が咲かせたアイスランドポピー
関東発・女性ボーカルロックバンド Vo./Gt.まひろ(@mahiro_1221)Gt.シイナトモヤ(@sea_in_A) Dr.ホンマタクマ(@hotaku3) ■kimisakaip@gmail.com

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or