~ジョゼ×大谷(ダイノジ)対談~ 欠点を愛する世界。ポップスターを目指す両者の思い【後編】

share
tweet
facebook share

「ライブハウスに行っても、いつも同じようなメンツばかり」こういう経験をした人は、少なくないのではないだろうか。やむを得ないことではあるのだが、ブッキングライブというものは同じようなジャンルや年代で固まりがちだ。それゆえに“界隈”なんて呼ばれ方をされたりもする。そういうライブイベントが悪いわけではない。しかし、得られにくいものもある。それは、“新しい出会い”だ。

来たる10月、ジョゼが面白い企画をする。その名も7th Gradation tour東名阪企画『to Fantastic city』。イベント名を見ただけだと、一般的な企画となんら変わらない印象を受けるかもしれない。しかし、この企画はいつもの彼らと一味違う。なんとライブに“ゆくえしれずつれづれ”といったアイドルや、“大地(ダイノジ)”といった芸人が出演したりするのだ。今回は、この企画を記念して行ったジョゼと大谷(ダイノジ)との対談の様子をお届けする。


Text:坂井彩花
Photo:塚本弦太

★前編は【コチラ】

―“好き”が多い世界は生きやすい?―

羽深:めっちゃ急なんですけど、実は好き嫌いが激しいんですよ、僕。野菜とかもそうなんですけど、食べれないものばっかりなんです。

大谷:いつか食べられる時が来ますよ。今は、そうやって「嫌いだ」って言ってることが自分のアイデンティでしょ? 食える自分が来た時、超面白いですよ。俺も食えないものばっかりだったけど、40(歳)になってから食えるものがめっちゃ増えたもん。

羽深:40になって食べられるものが増えるんですか?

大谷:良いとこしか見つけなくなったら、全部好きになりましたね。ナスだったら「味ないなんて、最高だな!」とか(笑)。人に対しても同じように、良いことしか思わないんすよ。俺めっちゃ敵多いけど、人のことは嫌いにならないので。

羽深:なんか胸がキュッてなりました…。

大谷:人のことを嫌いにならなかったら、めっちゃ客増えるし、めっちゃ仕事増えますよ。

羽深:僕も少しずつですけど、嫌いなものが減ってきてはいるんですよね。その好き嫌いがなくなってきたっていうのは、「他の物をもっと取り込んでいきたい」という思いに比例して来てるのかなぁって。

大谷:そうかもしれないね。いろんなものを吸収したら、バンドがもっと面白くなりそう!

羽深:いま面白くなってるところですね。数年前は「こういう世界観でしかやりたくない」っていう拘りを捨てきれなかったり、嫌いな相手に対して悪態をついたりしてたんで。最近は「今まで、どうしてこうしなかったんだろう」って後悔してます。

大谷:俺もそういう時代があったよ。会うやつ全員に喧嘩を売ってたもん。その結果、いろんな人を敵に回しちゃったけど後悔はしてないかな。あの時でしか、できなかったことだと思ってるから。

links

profile

ジョゼ
明治学院大学内軽音サークルにて結成。昨年2016年には、プロデューサーに根岸孝旨氏を迎えて、3rd Mini Album「YOUNGSER」、4th Mini Album「honeymoon」の2枚を立て続けにリリース。結成7周年を迎えた今年5月、自分達の足跡を辿る旅、東名阪ワンマンツアー「7th Gradation」開催。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録