【Eggs番長アリスが行く!】 kobore インタビュー

share
tweet
facebook share

インディーズアーティストを応援する“Eggs番長”アリスムカイデがアーティストを直撃! 第3回目のゲストは、昨年の「ワン!チャン!! ~ビクターロック祭り2017への挑戦~」でグランプリを獲得し、3月7日に1stシングル『アフレル』をリリースしたkobore。Eggs番長が、いつだって真っすぐに思いをぶつけているkoboreの音楽性と人間性へ迫る!

◆kobore:佐藤 赳(Vo.Gt.) / 田中そら(Ba.)
◆Eggs番長:アリスムカイデ

Photo:坂田貴広 / Text:坂井彩花

アリスムカイデ(以下、アリス):こんにちは、アリスです。まずは自己紹介からお願いします。

佐藤 赳(以下、佐藤):はい、koboreのギターボーカルの佐藤 赳(サトウタケル)と言います。

田中そら(以下、田中):ベースの田中そらです。

アリス:今日は1日よろしくお願いします。早速ですが、バンド結成のきっかけを教えてください。

佐藤:きっかけは僕がメンバーを誘ったことですね。ずっと一人で弾き語りをやっていたんですけど、バンドを組みたくなっちゃって。高校の後輩で当時はまだ高校生だったベースのそら、高校の先輩だった現ギター(安藤)、ライブハウスで出会った当時のドラムを引っ張ってきたんです。「アコースティックで曲作ってるんだけど、これバンドにしてくんない?」みたいな感じで。

アリス:そもそも高校でお二人は、どんな関係だったんですか?

佐藤:軽音楽部の先輩後輩でした。ギター、僕、そらの順で、ちょうど学年がひとつずつ違うんですよ。ギターが高3の時、そらが高1。

アリス:高校生の時は、一緒にバンド組んだりはしなかったんですか?

佐藤:むしろ喋ったことすら全然なくて(笑)。

アリス:なんで誘ったんですか(笑)。

佐藤:暇そうだったんですよ。卒業後の進路を迷ってるみたいだったし、大学に行くよりバンドの方が楽しいよって。

アリス:え、田中君の受験は?

田中:受験勉強はしていたんですけど、バンドか大学進学か迷ってたんです。そのタイミングで彼女にも振られるし(笑)。そしたら、振られた3日後に「バンドやらない?」って誘われたから「やります」って。

アリス:タイミングが良かったってことですよね。もしかしたら「受験だから」って断られたかもしれないし。田中君、高校時代は佐藤君のこと何て呼んでたんですか?

田中:たける先輩。

佐藤:こいつ、昔は人と目を合わせられなかったんですよ。ずっと空を眺めてて、だからそらって名前なのかと思うくらい(笑)。

田中:ひどっ…(笑)。

佐藤:でも、ベースはズバ抜けて上手かったんですね。いつも一人で黙々と弾いてました。文化祭練習の時、そらと部室にいたことがあって。僕がお昼を食べるために2時間くらい外に出てたのに、戻ってきてもまだ弾いてたんですよ。それくらいストイックだったから、後輩の中で唯一「こいつベース上手いな」って覚えてたのかも。

アリス:ちゃんと誘われた理由あって良かったですね。このままだと、本当になんとなく組んだバンドみたいになっちゃうから(笑)。ギターの安藤君は、どんな感じだったんですか?

佐藤:安藤はTwitterで「ギターサポートします」って募集してたから、こいつでいいやと思って(笑)。たまたまLINEのグループのメンバーにいたんですよ。全然しゃべったことなかったんですけど。

アリス:本当に“暇そう”以外の理由ないんですか(笑)。

佐藤:ないです! メンバーに声かけたきっかけは、いいやこいつでって感じ。結成当初のドラムも「歌もののバンドやりたい」って言ってたから声をかけた感じだったし。

アリス:ドラムはなんで変わったんですか?

佐藤:バンドを続けていくうちに、どんどん本気になってきちゃったんですよね。するとデスコアっぽさがある当時のドラムのプレイスタイルは、僕らがやりたい音楽とちょっと違うよねって話になって。彼にはやめてもらって、別のバンドで活動していた伊藤に声をかけたんです。 地元のライブハウスに出演してるあいつを見て「かっこいいな」って思ってたし、ちょうどあいつのバンドが解散するタイミングだったから。ずっとkoboreのことを好きでいてくれたみたいで、誘ったら「マジですか、koboreに入っていいんですか」って喜んでくれたんすよ。「俺がお前のドラムプレイ好きだから」って言って入ってもらいました。

アリス:みんな入るべくして入った感じですよね!


アリス:ちなみに高校時代はコピーバンドですか?

佐藤:そうですね。KANA-BOON のコピーばっかり(笑)。まだ彼らが有名になる前で譜面もなかったから、「ないものねだり」とか耳コピしてました。

アリス:田中君は、なんのコピーをしてたんですか?

田中:僕はチャットモンチー…。

アリス:チャットモンチーって、全然違うね!

田中:一緒にバンドを組んでたボーカルの声が、えっちゃん(橋本絵莉子)に似てたんですよ。だからやってみたんですけど、キーがきついって言われちゃって(笑)。やりたい曲はあんまりやれなかった思い出が…。

アリス:KANA-BOONやチャットモンチー以外に、影響されたアーティストとかいますか?

佐藤:BUMP OF CHICKEN が大好きで。間違いなく一番影響を受けてますね。

田中:僕は毛皮のマリーズがすごい好きです。あとは椎名林檎、銀杏ボーイズとか。

アリス:他のメンバーの方は、どんな音楽が好きなんですか?

佐藤:やっぱりみんな邦楽ロックが好きですね。僕自身も今でこそ洋楽を聴くけど、一番初めに影響を受けたのは邦ロックだし。ドラムの田中はBLUE ENCOUNTが好きで、ギターの安藤はUNLIMITSが好き。みんな歌ものロック界隈が好きなのかな。


アリス:曲作りはどんな感じでやってるんですか?

佐藤:いつもは僕がスタジオにサビだけ持っていって、メンバーにリフとかをつけてもらう感じですね。「めっちゃキャッチーなサビできた、サビはこれしかない!」って言って、それに添うようにAメロとかBメロとかを作っていきます。

アリス:セッションみたいな感じで作っていくんですね。

佐藤:そうですね。Aメロいらないかな、とか。

アリス:え、Aメロいらないかなってことがあるんですか。

佐藤:ほら、サビから始める曲とかもあるじゃないですか(笑)。

アリス:なるほど! koboreのみなさんはメンバー同士で音楽の趣味が近いと思うんですけど、それでよかったことってあります?

佐藤:んー…。曲作りをしてて「このフレーズ微妙じゃない?」ってことは、あまりないような気がしますね。

アリス:話を聞けば聞くほど、運命の巡りあわせですよね。バンドのスタートこそノリだったかもしれないですけど…。

佐藤:たまたまスムーズに来ているだけですけどね(笑)。いつか美化しようと思ってます!

links

profile

kobore
Vo.佐藤を中心に2015年10月に東京府中にて結成。生と死を等身大で語りかけ、“今”を叫ぶ歌モノロックバンド。

≪MEMBER≫ ※写真左から
安藤太一 (Gt.Cho.)
伊藤克起 (Dr.)
佐藤 赳 (Gt.Vo.)
田中そら (Ba.)

release

single

「アフレル」

kobore
  1. 1. 君にとって
  2. 2. 僕の全部
  3. 3. 声
2018.03.07 RELEASE
¥1,080 (Tax in) / EGGS-0028

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or