描きはじめるのは「僕」じゃなくてよかった

HITOPITO
0
0

楽曲解説

独りよがりな僕が、ひとりでは何もできないことに気づいた作品です。

歌詞

作詞:HITOPITO

作曲:HITOPITO

「僕」という描き出しが  蒼くつまらなく感じて 次の一歩を見失って 流行らないあつさの中に溶けた記憶 垂らされた蜘蛛の糸はあったのかな? 「表現の不自由」に縛られ伝えることができない 「いやそれ、かっこつけてるだけだろ」 「僕」だけの色で塗り替えるキャンバスが ここに居ていい理由だと 迷いなんてなかった 「あなた」の描いた 彩と混ざり合い はじめて気付いたんだ 一人だけじゃ描けない景色に 「愛」から書きはじめたけど、もっと難しいこと本当は知ってたでしょ? 流行らないさむさの中に閉じ込めた、やっぱここの方が落ち着くよな。 高く飛んでみたいとか恥ずかしいこと言うなよ、前見てるだけでもう十分だろ。 「つづき…」の無いコンテが何処までも続いて 捲ることもできずに6年が過ぎてた 描かないことで終わらないことにした 次のページは破ろう はじまりはここにあるんだ 校庭に転がってたぼやけた憧憬も 遠くなる心を感じていた 感じていた 「僕」だけの色で塗り替えるキャンバスが ここに居ていい理由だと 迷いなんてなかった 「あなた」の描いた 彩と混ざり合い はじめて気付いたんだ ひとりだけじゃ描けない景色に

アーティスト情報

バンドが組めずにソロ活中。 これでもまだまだこれからです。 (どなたかバンド組んでもらえませんか。。)

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or