春は謳う

MidLine
3
0

楽曲解説

MidLine 1st mini album"延命に花束"より「春は謳う」を先行リリース! MIX&MST.→546

歌詞

作詞:みどり

作曲:みどり

さあ思いの丈謳ってよ 過ぎゆく時は加速してく すり減る期待馳せてく日々 固まった言葉氷付けだ ヒビ割れそうだな 始まりはいつも傷むばかり 誰の為、なんて思ったり 気になった音は通り過ぎたもう出逢えないな 歪な歌で世界を救おうとか思っちゃいないけれど 君の思い一つくらい掬ってやるから 春が咲く桜が舞う 君を冷やす雪も消える 水になった一粒の雪流した 淡い水面が頬を揺らすから さあ 思いの丈謳ってよ 君が居る声が聴こえる嗚呼 サヨナラもありがとうも伝えてみようと思うんだ さあ上を向け 春が咲く桜が舞う 君を冷やす雪も消える 水になった一粒の雪流した 淡い水面が頬を揺らすから さあ 思いの丈謳ってよ

アーティスト情報

MidLine(ミッドライン) Gt.Vo.@midorinGt

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or