渇き[2nd EP「ily」M-1]

ofulover(オフラバー)
13
0

歌詞

作詞:中本 樹

作曲:中本 樹

晴れた空に 後悔はないと 唄う目には 曇天が揺れてる 離れてく 君の背中 諦めだけが 僕を慰める 噛み砕いたのは 飴か砂利か それすら分からなくなって 「いない いない いないばあ」で出てくれたら 「ないない」と 嘆く毎日 見えないように 聞こえないように 「閉じてしまえば 良いのよ」 潤してくれ 果てしない渇き 花は赤く 綺麗に咲いた 他人の世界が 鮮やかに映えてる 焦燥と嫉妬の汗が 正気を奪って 僕を殺すのさ 不器用に足掻く 雨乞いのダンス 降らない時雨 お前の所為にした 照りつける陽が 落とした影には 何が映るの? 晴れた空は 後悔も何も 忘れたように 僕を照らすのさ 頰を伝う 涙や汗は 果ててしまえば 楽になれるの? 離れてく 君を追ったんだ 諦めるのは 今日で終わろう 嗚呼 生きた日々の証を 僕は唄うから

アーティスト情報

神戸ロックバンドofulover(オフラバー) サブスクにて楽曲配信中

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or