おばあちゃんの のこしもの

Insheart
22
0
0

楽曲解説

長崎大学病院長からの依頼で制作。原爆をテーマに被爆者の方々のお話より制作。

歌詞

作詞:Jyun

作曲:Jyun

おばあちゃん おばあちゃん あなたがしわくちゃなのは いつもいつも 笑顔でいるから みんながそう思ってる だけど眉間のしわだけは 理由が違うよね 私だけが知ってる 毎日毎日 早起きで ご飯あげて 花供えて 小さな子の写真の前 手を合わせている おばあちゃんの眉間に しわがよって笑顔が消える 震える背中 8月9日 おばあゃんは目を閉じ あの日を語りだした 私の息子 あの子は いつもわたしの膝にくる 甘えん坊で 「お兄ちゃんでしょ!」 1人でおつかい行かせたの 追いかけて 柱のかげ 見守りたい気持ちおさえて 今まで感じたことのない 光と音、風 まだ小さいあなたのお母さんに かぶさった あの子が二度と もどらないと その時は思いもせず 愛を 愛を 永久に 愛を 生きてる喜びと 生き残った寂しさを 抱えながら おばあちゃんは写真の前 息子の歳をつぶやいた 「あ、生きてたらね」と、慌ててつけ加えた 何一つ何一つ奪われる理由のなかった命 その人が心の中 今もいて 今年も歳を数えている 愛を 愛を 永久に 愛を 長崎の空が 何が大切か叫んでいる 愛を 愛を 永久に 愛を 幾度も 夏過ぎても 癒えぬ心の傷を 抱えながら 最後の記憶に残るのが笑顔であろうと 微笑みながら 子の頭なでて 逝った母もいただろう 熱い熱い熱い風を背に受けて 子供を守ろうとした 父もいただろう 何をすればいい? 何ができるの? 分からないし こわいよ 目をそらして見ないふり それじゃあの日と同じ日がやってくるから 草木、虫、動物 そして、人間も 残された命が また命つないでる 私たちが子供の頃 太陽に掌を 透かせた時から ほんとは答え分かってる 愛を 愛を あの日のことを 初めて話してくれたその年に しわくちゃ顔の おばあちゃんは 笑顔で逝きました 「二度と 二度と 二度と あの日を 繰り返さないで」 わたしにのこして 眉間のしわものこして

アーティスト情報

NHK「今夜も生でさだまさし」出演、また各TV局で特集されるなど、今話題の現役医師による音楽ユニット。 2017年9月には九州全域のフジテレビ系列局にて半年間の密着取材特番が放送。 医療で身体を治すだけではなく、音楽を通してその方の心まで癒したいという思いから2015年より活動開始。 ユニバーサルミュージック新人オーディションでグランプリ獲得。 各種フェス、病院や施設でのボランティアライブ、学校等での講演と演奏を中心に活動している。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or