紅蓮

木村要
4
0
0

歌詞

作詞:木村要

作曲:木村要

朽ちていたんだ祈りと 星に還らぬ嘆きのために 私に流れる血のすべてを 賭してきたのだから 愛と怒りに裂かれたままの 胸の炎を覚ました人の 瞳に映る私のまま この道を行きたい   さだめをこの手で切り裂いて 奪った自由でどこへ行く?   さよならさえも言えぬままで 枯れた涙を忘れても   胸の深くに広がる荒野に 届かぬ痛みを探る指先   失くしたすべてを 優しい言葉じゃなくても 涙の数をかぞえて 一人羽根を広げるあなたの 眠れぬ夜に光を灯す さだめの日がきっと来るだろう 錆びついても軋んだままの 胸の扉を叩いた誰かの 手をとり歩いていくための約束   流れゆく日々の中でなお 胸に灯りつづけた日々よ   さまよえる願いと祈りの 闇に差す光こそ調べ

アーティスト情報

作詞、作曲、編曲、エンジニア、ボーカルすべてを一人で行っている、ハウス&テクノポップのトラックメイカー。 Music is lifeblood. 34 old House, Minimal, Techno Composer. LGBT : T

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or