通り雨

幾田 りら
3,787
60
2

歌詞

作詞:幾田りら

作曲:幾田りら

ずっと忘れていたんだ できるだけ遠くに置くようにして 目を伏せていたんだ 時間という布を被せて きっと止まっていたんだ 読み返すことのない物語 心飛ばされぬように 重しをつけて守ってる なんでもいいからシャッフルした その瞬間あの声があの歌が 嫌になるほど 返ってくる 嫌いだった 優しくない嘘 手抜きの愛言葉 湿った夏の匂い 好きだった 優しい声 いたずらな言葉に揺らめくたび 消えない煙はいつまでここにいるの まだ あなたは覚えているかな 肩濡らしあった 雨の日の頼りない相合い傘 背伸びしてるように見えた 気にかけるようなフリをして 目が合えば 離さない 反らせない そんなあなたが悪いのよ 怖かった 切なくて痛い 縫われることのない 待ち針でいるのは 知りたかった 暗い影のすべても 途切れた話の続きを生きてる 消えない炎はいつまで胸を揺らし 泣いてるの あの時強がって泣けなかった 熱い雫が 頬をつたう 好きだった それでもあなたを 何も目に映らないほど 一途だった 幸せだった 甘い傘の中 交わした言葉は そのまま畳んで 通り雨のようなあなたの背中をまた 感じてる

アーティスト情報

いくたりら 18歳、ギター弾き語りシンガーソングライター。 中学3年から本格的に活動をスタート。 2015年Sony music主催「SINGIN'JAPAN」ファイナリスト

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or