忘れない唄

JIGSTOLE
838
13
0

歌詞

作詞:上森千尋

作曲:西雅

このステージに立って 貴方に分かって欲しくて 本当に伝えたいこと ねえ、僕等果てるまで叫ぶ 咽びかえるような熱さ 埃と煙草の匂い 汗と熱気と涙のフロア ライブハウスで 偽物の好きで固めた アイデンティティーを憎んだ 本当の色は何処にあんだ 辺り見渡せば 装飾に使う奴等ばかり このステージに立って 貴方に分かって欲しくて 本当に伝えたいこと ねえ、僕等果てるまで叫ぶ 突き上げた拳忘れないで 16の夏に吠えた 終わらせやしない 周りばかり気にして 貴方ももうやめようよ 本当の唄は此処だ 塞いだ耳にねじ込んでやるよ 中途半端はもうやめだ ぼんやりな意思など捨てた 僕の芯から滲む唄 ねえ、本物だって胸を張る このステージに立って 貴方に笑って欲しくて ちゃんとぶつかってますか ねえ、僕等何度でも 中途半端はもうやめだ 迷う心はもう捨てた 貴方まで届けるから ねえ、いつまでも夢を唄う 最期まで夢を唄う

アーティスト情報

新宿の高校生バンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or