アイマイ

ライカシア
9
0
0

楽曲解説

人間の存在とは確かなようで、実は「その人だ」と特定する明確な根拠もなくとても不安定なものだと思い、歌にしました。

歌詞

作詞:小島僚介

作曲:小島僚介

櫛がつむじ駆け抜けてさらった さっきまで必死にしがみついていた髪 金属製の冷たい口が含んだ 不潔を孕み食いカスと化した爪 君が僕を呼ぶときどこを見ているのかな 僕って一体何? 千切れた欠片 それは僕なのか ずっと一緒だった それは僕なのか 目の前に出された肉塊 一体どこのどなたのミンチかな 油まみれの誰かを橙色の炭酸で流し込む 口まで運んでやったのにそのあと音沙汰もない 人混みに紛れ揉まれ隠れ消えるように去っていく いつどこでアレは僕になっていくんだろう 消えた150gはどこ? 千切れた欠片 それは僕なのか 今一つになった それは僕なのか 人は約3000円で買える成分で出来ている 少年だった僕らに先生は言った いきものはなぜ生きていると思う?それは子孫を残すためだ 少年だった僕らに先生は言った 腑に落ちなかった 僕って一体 君って一体何? これは僕なのか それは僕なのか DNAも戸籍も後付けじゃないか 君が僕を呼んだ 僕は振り返った それでいい気がした 君が僕の何かをみてくれているなら

アーティスト情報

コジマリョースケ(@monosatesuke)の宅録ソロプロジェクト。ここに迷い込んだあなたが一休み出来ますように。ここには歌しかございませんがゆっくりしてってください。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or