記憶のメカニズム

小松咲耶
137
3
0

楽曲解説

アルバム「Level.398」収録

歌詞

作詞:小松咲耶

作曲:小松咲耶

あなたが一つこぼした 紫色のしずくは この身を駆け巡る血でなく 満ちて朽ちてく知恵の美 子供の様に駆け上がる坂 その先はただ…×××なのにね 記憶を駆け巡る刺激の根源 消えて悲しむのはオトナの悪趣味 何度もくりかえし同じ夢を見る 淋しいと云うのにすべて忘れる 滴り落ちる涙を 絶叫という化粧で 美しく着飾るそのとき 脆く絶頂を迎える 子供の頃に感じた景色は 時が経とうと染み付いている 夜道に息潜め存在している恐怖が 本当は己の鼓動と 悟るそのときまでこの世は冒険 探るその手に触れるのは思い出 いつかこの手で己を殺めるとき 戦場も平和に思えるだろうか いつかこの手であなたを殺めるとき 無限と永遠の意味を知るだろう

アーティスト情報

2018.12.15アルバム「Level.398」発売。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or