なんでもないよ

スヌスムムリク
87
3
0

楽曲解説

前身バンドからやってる曲。

歌詞

作詞:スヌスムムリク

作曲:スヌスムムリク

いつかなくしてしまった この空白に君という花が咲いた 365日のこの間隔を 埋めるのはこの感覚だ それは春の雨のようで 雪の日のストーブみたいだ 君のその白い肌で この原色もパステルカラー 淡い毎日を曖昧に混ぜて 飲み干して終わぬように 僕はいつだって 何をしてたって 変わらないものを持っていた それは君だって気づけなくたって 当たり前だろ なんでもないよ ○月×日 今日の天気は晴れのち雨 傘を忘れた僕らは濡れて帰るんだろ 積木みたいにさ 言葉を並べて 風吹いても 崩れぬように いつだって どこにいてたって 願うのはただひとつだけ それは君だって 思い出せなくたって 当たり前だろ なんでもないよ この声が 枯れ果ててたって 唄う言葉を探してる それは君だって 分かってるだって 当たり前だろ いつだって 僕の中にあって 笑ったり泣いたりするんだけど それは君だって ずっと君だって 当たり前だろ なんでもないよ

アーティスト情報

音楽と旅を愛するマイペースバンド。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or