僕らは走光性、宙に舞う

i∀i
0
0

歌詞

作詞:iai

作曲:iai

小石を蹴っ飛ばした 車の下へとデッドライナー 映した 道路反射鏡 歪んで渦を巻く花びらに 何度も何度も 振り返ることで平静を装ってた 君が笑う 臆病はフェンスの下に 皆で走って帰った まったは無し ビリは罰って話 それだけでムキになってさ 何度も何度も 高高度の空の下で煌々と 汗を垂らす 僕らは足りないからと叱られ 満ち足りていたって妬まれ 脇道それれば蔑まれ 一歩踏み出しては叩かれるんだ 逃げようとしたって嗤われ 壊れたってどうせかわりがいるんだからさ ああもうどうだっていいだろう 僕らだけだっていいだろう 僕らは走光性、宙に舞う 鉛直の暑さにひしゃげた夏を貪って頬張った 僕らは走光性、宙に舞う 君の名前を呼んだら何度でも会える気がしてた 僕らは走光性、宙に舞う ホオヅキに心を踊らせて赤い心臓を探してた 僕らは走光性、宙に舞う 漂う暗夜 嘘つきのカンテラの火にたかってた 雨が窓を鳴らした 目が覚めてすぐに思い出した 写した 記憶 眼窩口 へばりついて未だ離れずに なんだもう なんだもう 記憶を値踏みしたら今になったんだ くだらない 季節はケチになった さらばえる 過ぎたドリーマー  リーパー まるで死の宣告みたいな 誰かの不意の一言で 笑ったの 笑ったの 「僕らはずっと変わらないでいような」 大嫌いだ 僕らは足りないもんは奪って 満ち足りていたって奪って 手当たり次第で繕って 僕は僕であって僕じゃないんだ 生きるのに必死になってええ 思い出なんて汚したってかまわないや あぁなんか悲しいんだよ 全部お前らのせいだろ 僕らは走光性、宙に舞う 鉛直の暑さにひしゃげた夏を貪って頬張った 僕らは走光性、宙に舞う 君の名前を呼んだら何度でも会える気がしてた 僕らは走光性、宙に舞う ホオヅキに心を踊らせて赤い心臓を探してた 僕らは走光性、宙に舞う 漂う暗夜 嘘つきのカンテラの火にたかってた

アーティスト情報

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or