太陽を跨いで

ホリコシサキ
289
4
0

歌詞

作詞:ホリコシサキ

作曲:ホリコシサキ

* 太平洋走るカーウェイ 履き慣れないマーチン踏んで 朝焼けと向かうホームタウン 別れはいつも夢から覚める様で 底無しの太陽僕を見て微笑む 回る回る運命に髪引かれて なんとなく進む日もあればいいさ シャイな熱抱え笑い飛ばせばいいさ 見えないもの見えてくれば いい兆しだ なけなしの愛情僕を包んでくれないか 回る回る運命に片手振って *(繰り返し) なんとなく進む日もあればいいさ ぬるい毛布包まり眠りたいんだ 駆け出した言葉は知らず染みるんだ 朝日が眩しくても目を開くんだ 知らないことばかりだから 生きてるんだ

アーティスト情報

鳥取県出身 1999年 12月18日生まれ ギター・ソングライティングを独学 自主制作1st EP「walking on air」販売中 現在は上京し音楽制作中

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or