海の少年

KAZU
0
0

楽曲解説

少年時代の海の記憶  風景の引き出しの中にいつも浮かんでくる 佐渡汽船の上で丸木雅広が作った曲に 海の記憶を詩にしました

歌詞

作詞:KAZU

作曲:丸木雅広

あの遠い夏の日 思い出す風景は ぼくの心の中で いつも輝いてる 漁師船の縁から 一日中釣りをしていた 妹と二人で 風に吹かれていた 日焼けした笑顔は しろい歯ばかり目立ってる 今も大事にしている  あの日の白黒写真 あの遠い夏の日 思い出す時間は ぼくの心の中で いつも続いている あの遠い夏の日 思い出す風景は ぼくの心の中で いつも輝いてる 丸木船の櫓を漕いで  サザエとりに行った海 ウミツバメの鳴く声  聞こえる波の音 海の底もぐれば  時が止まる世界へ 見上げる水面の上だけ  時が流れている あの遠い夏の日 思い出す時間は ぼくの心の中で いつも続いている

アーティスト情報

人に出会い 花に出会い 風景に出会い またひとつ歌ができる こころうた 気ままな歌うたい 旅がつづく    出会った人、元気をくれた人、お世話になった人、風景や自然にも感謝して、こころうた、歌います。 新しいオリジナル曲、これまで録音した楽曲、ライブVerなどご紹介していきます。(2021.3.24Eggs登録)

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or