小手
106
0
0

歌詞

作詞:石川

作曲:小手

端なき昔を恥じ 詰まりたる先を案ず ふとした瞬間に過去を振り返る 輝かしさとは懸け離れ 間違いだらけの出鱈目な記憶 膨大な量の嘘 数えきれない程の裏切り 沢山の過ち こみ上げるのは後ろめたさ 情けなさと恥ずかしさ 後悔と自責の念にかられ 心の中では謝罪の連続 実に惨めなものだ 救いを求めるように未来に思いを馳せる ところが見通しは薄暗い 明るさとは程遠い 終わらない諍いの連荘 歯止めの効かない衰え 一向に埋まらない世間との距離 次第に膨らんでいく焦り やり場の無い怒り 苛立ちは募り 不安感は拡がり 気力は奪われ 心の中は絶望で溢れる だからこそ今 重要なのは今 過去よりも未来よりも今 目の前の今 輝かしい過去の記憶は無い 残念な事に明るい未来への見通しも立たない だからこそ俺には今しかない 後先は二の次 どのみち、損得の計算もろくすっぽ出来やしない はたから見れば無鉄砲 ただの其の場凌ぎ、行き当たりばったり それでも結構 俺はそれ以外のやり方を知らない 出鱈目な過去を背負い 薄暗い未来に怯えながら 震える足でなんとか踏み止まり 今、目の前のアンタと向き合う 決して賢い方法じゃない 手放しで正しいとも思ってない それでも俺にはこれしかない これ以外のやり方を知らない 重要なのは今 過去よりも未来よりも今 何よりも今この瞬間だ 今 俺にとって重要なのは今 過去よりも未来よりも何よりも今この瞬間だ 輝かしい過去の記憶は無い 明るい未来への見通しも立たない だからこそ俺には今しかない 重要なのは今 過去よりも未来よりも あんたにとってどうかって話じゃなくて 俺にとって重要なのは今 過去よりも未来よりも何よりも今この瞬間 輝かしい過去の記憶は無い 明るい未来への見通しも立たない だからこそ俺には今しかない 出鱈目な過去を背負い 薄暗い未来に怯えながら 震える足でなんとか踏み止まり 今、目の前のアンタと向き合う 決して賢い方法じゃない 手放しで正しいとも思ってない それでも俺にはこれしかない これ以外のやり方を知らない

アーティスト情報

2000年結成。 『和』と『洋』相反する二つの価値観から生まれる独特な世界観。繊細で哀愁を漂わせ、要所で『和』の音階を用いるギターと所々に『和』を連想させるドラム、その二つを絶妙に調『和』するベースからなるアンサンブル。その上に、読経の様な特異なリズムで語り掛けるボーカルを乗せた楽曲もまた非常に独特。 ライブでは全員が揃いの作務衣を羽織り、Vo以外の三人が狐や鬼の面を被るという異様な出で立ちで全身全霊、感情を奏でる様は痛々しいまでの緊張感を伴い、見ている者を日常の中にある非日常へと誘う

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or