消えない

宮本豪
103
1
0

歌詞

作詞:宮本豪

作曲:宮本豪

春の夕 眠りに落ちて 夏の夜 夢をおよいで 秋の明け方 目が覚めた そして空っぽの冬の朝 独り言さえ吐けぬほど 掠れた声 昨日を知る 見え透き通りすぎた今日 なおもぼやけて見える明日 本当にひとりぼっちになることなんて ほんの少しのあいだ それなのに無性に寂しくなるのは 君のぬくもりを知ったから 知ってしまったから 瞬きで消えたその一瞬に 君がどんな顔をしてたか 知りたいけれど君はもういない 君はもういない 繋いだ手の温かさを覚えているほど賢くはない けど 思い出は塗り潰せず 少し息苦しい 街角 本当は分かっていたのかもしれないな 僕らもう 時間切れだ と それなのに きっと思い違いだろうと 僕は言い聞かせてた さよならもなく 遠く 遠く 音もなく 遠く 離れていく 今 君は前を向けているだろうかと 振り返ろうとして やめて 歩いていく だから いつかさよならを言える日まで 瞳の中にある笑顔は 消さないで大事にとっておこう なんて 本当は消えない 消せない 消えてくれない 目覚めたあとも想ってしまうよ その仕草 声のトーン もう何もかもが消えないけど 君がもういない 君はもう見えない

アーティスト情報

1995/05/27 東京からは離れますが、青春の弔い合戦は終わりません。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or