ブラックコーヒー

神樂ありあ
386
6
0

歌詞

作詞:さぬきありあ

作曲:さぬきありあ

白い煙がゆらめき昇る 憂鬱な月曜日 マルボロの香りが 優しくあたしを犯す 次はいつ逢えるの? あたしって重い女かなぁ 仕事だよって言うのも 疑っているわけじゃないけれど 帰り際 あたしの気持ちに気付いてほしくて 腕をぐっと引っ張った 逢えない日のぶんまで 唇奪ったその味は 甘い甘いブラックコーヒー 画面越しじゃ伝わらないよね 息遣いや温度 涙 本心は目に前にいても なかなか伝わらないもの ひとりの寂しさより ふたりのときの孤独が怖くて 喋り疲れる前に 心地いい沈黙へ連れてってよ 毎日じゃなくていい たまにはあたしだけを見て たまにはワガママきいて また我慢するんだろう 溜息落とした先は 苦い苦いブラックコーヒー 帰り際 あたしの気持ちに気付いてほしくて 腕をぐっと引っ張った 逢えない日のぶんまで 唇奪ったその味が 消えないういちに 毎日じゃなくていい たまにはちゃんとあなたに ひとりじめされたいの あたしは今日もまた 何も言えずに飲み込んだ 苦い苦いブラックコーヒー

アーティスト情報

恋は盲目、愛は猛毒。 シンガーソングライター。 お茶の水女子大学音楽科卒業。 ピアノ弾き語りで都内を中心に活動中。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or